著名投資家マーク・キューバン、フィッシング詐欺で約1.3億円相当の暗号資産を損失=報道

マーク・キューバン氏が詐欺被害受ける=報道

著名投資家であるマーク・キューバン(Mark Cuban)氏が、フィッシング詐欺に遭い87万ドル(約1億2,800万円)相当の暗号資産(仮想通貨)を失ったようだ。メディア「DLニュース(DL News)」が9月16日報じた。

なおこの事については最初に、X(旧ツイッター)の匿名アカウントであるワズクリプト(WazzCrypto)氏が、ブロックチェーンエクスプローラー「イーサスキャン(EtherScan)」にて、キューバン氏のものと見られるウォレットの動きを見てポスト(投稿)していたとのこと。

報道によるとキューバン氏が盗まれた暗号資産には、ETH、MATIC、wstETH(wrapped stETH)、各種ステーブルコインが含まれており、またスーパーレア(SuperRare)やイーサリアムネームサービス(Ethereum Name Service)といったトークンも盗まれたとのこと。合計10のトークンが被害に遭ったという。    

キューバン氏は自身の詐欺被害について「私がダウンロードしたのは、偽バージョンのメタマスク(MetaMask)でした」と説明。またその内容について「メタマスクが数回クラッシュし、私がそれを停止したらメールが来た為、オープンシー(OpenSea)のNFTをロックして、アカウントにある全てのポリゴンを転送しました」と「DLニュース」に対しコメントしている。

なおキューバン氏が保有する残りの暗号資産については現在、米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)提供の保管サービスへ移動させてあるとのこと。

なお直近で著名人が関わった詐欺被害として、イーサリアム(Ethereum)の共同創業者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏のXアカウントがハッキング被害を受け、発生したものがある。今月10日、ハッカーは同アカウントからフィッシングリンクをポスト。投稿されたのは、リンク先にウォレットを接続し、無料の記念デジタルコレクティブルを受け取るよう勧める内容だった。

これにより691,000ドル(約1.1億円)相当の暗号資産とNFTが盗まれる被害が出ていた。しかし12日よりブテリン氏のXアカウントのパスワードはリセットされ、同氏によりアカウントは取り戻されている。

関連ニュース

参考:DLニュース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jamesteohart・sumkinna

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ