サークルが配車アプリ「グラブ」と提携、web3ウォレット利用可能に

グラブでweb3ウォレット利用可能に

米ドルステーブルコイン「USDC」発行企業であるサークル(Circle)が、東南アジアの配車アプリ運営のグラブ(Grab)との提携を9月13日発表した。この提携により、同配車アプリ「グラブ」にサークル提供のweb3サービスプラットフォームが試験導入されたとのこと。

この試験導入により「グラブ」利用のシンガポールユーザーは、アプリ内にてブロックチェーン対応ウォレット「グラブウェブ3ウォレット(Grab Web3 Wallet)」の設定が可能になったという。同ウォレットで報酬やコレクティブルを獲得し、NFTをバウチャーとして使用可能になったとのこと。

まずは今月15日から17日まで開催されるF1シンガポールグランプリにて、シンガポールの人気店舗などで「グラブウェブ3ウォレット」は利用できるという。

なおサークル提供のweb3サービスプラットフォームは、web2インターネット企業とweb3スタートアップ向けに、ステーブルコインやデジタル資産、スマートコントラクトの導入を支援するサービスだ。同サービスはサークルが「サークルウェブ3サービス(Circle Web3 Services)」として展開している。

またサークルとグラブによる今回の取り組みは、シンガポール金融管理局(MAS)の官民連携イニシアチブ「プロジェクト・ガーディアン(Project Guardian)」の一環として実施されているとのこと。

「プロジェクト・ガーディアン」は、MASが昨年5月より推進するプロジェクト。ホールセールの資金調達市場の効率化と流動性向上を目的とした、トークン化債券・預金の機関投資家間での取引可能性などを検討している。

今年6月には金融庁が「プロジェクト・ガーディアン」にオブザーバーとして参加することが発表されていた。

関連ニュース

参考:Circle
images:iStocks/Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored