英国のステーブルコイン関連法案が上院で可決、立法化へ向けた最終段階へ

金融サービス・市場法案が英貴族院で可決

英国財務省が提出していた「金融サービス・市場法案(Financial Services and Markets Bill:FSMB)」が、英議会の上院にあたる貴族院にて6月19日可決された。

英国財務省は昨年7月20日に「金融サービス・市場法案(FSMB)」を英国議会に提出していた。

同法案は既に下院では承認されており、今回貴族院で可決されたことで、立法化へ向けた最終段階に入った。

今後同法案は、修正案の検討と王室の承認を経て正式に英国の法律となる。

なお修正案の検討は、両院による法案の読会だ。法案は両院の合意に至るまで、両院間でやり取りされることになる。

英国財務省の経済長官であるアンドリュー・グリフィス(Andrew Griffith)氏は今年4月、今後12カ月以内に暗号資産業界の規制を目的とする法律が導入される可能性があるとCNBCに対してコメントしている。

英国における暗号資産の法規制について

英国はEUからの離脱に伴い、EUの金融サービス法を英国の法律に置き換える計画を進めている。

英国財務省は昨年4月初旬に、英国を世界的な暗号資産業界のハブにするための計画を発表。その計画では、財務省がステーブルコインを規制し、国内で決済手段として利用できるよう整備していく方針を示していた。

さらに同省は、ステーブルコインを決済手段として国内で使用できるようにするため、決済規制の範囲内に入れるよう立法化する意向も組み込んでいた。しかし、その後暗号資産市場の低迷やステーブルコインUSTのペッグ(価格固定)外れなどの出来事が起こったうえに、財務大臣と財務高官の辞任が続いたため、一時英国においてステーブルコイン規制の先行きは不透明であった。

その後2022年7月には、ナジム・ザハウィ(Nadhim Zahawi)財務大臣による「テクノロジーの中心地としての英国の立場を推進する」という意志表明により、英国におけるステーブルコイン規制推進の動きが明らかとなっていた。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:修正案CNBC
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Who_I_am・Medley-of-Photography

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資