バイナンスがステーブルコインBUSD発表、サムスンがクレイトン対応のスマホリリースか、Apple Pay幹部「仮想通貨は長期的なポテンシャルを持っている」などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

バイナンスが米ドルにステーブルする通貨「BUSD」を発表

・仮想通貨取引所バイナンス(Binance)とステーブルコイン発行企業パクソス(Paxos)が米ドルにステーブルする通貨「Binance USD(BUSD)」をローンチすることが明らかになった。ニューヨーク州金融規制当局はBUSDに対して、承認済みである。なお、初めの段階でBUSDと取引可能な銘柄は、ビットコイン、バイナンスコイン、リップルの3種類となる

・Paxos StandardのCEOは「BUSDの発行をニューヨーク州金融規制当局が承認したことは、長期的に仮想通貨の世界市場が安定して成長する極めて重要なステップだと思います。当社とBinanceがユーザーが使いやすいようにカスタマイズされたBUSDのようなプロダクトを生み出せたことは非常に誇りに思っています。」とコメント

・Binance CEO CZは「私たちは、BUSDを発行することで、ブロックチェーンのユースケースが増え、使いやすさの向上の機会を創出することによって、より良いブロックチェーンエコシステムを生み出し、既存金融をより分散型金融に開いていくことを期待しています」とコメント

サムスンがカカオのブロックチェーン「クレイトン」対応の「KlaytnPhone」リリースか

・サムスン電子がカカオの子会社であるGroundXのブロックチェーン「Klaytn」に対応するスマートフォン「KlaytnPhone」をリリースすることを米WSJが報じた

・KlaytnPhoneは1,000ドル(約10万円)で韓国限定の販売が予定されており、購入者にはKlaytnの仮想通貨「Klay」が一定額付与されるとのこと

・ハードウェアはギャラクシーノート10と同一のものになるが、Klaytnトークンの専用ウォレットとブロックチェーンアプリが内蔵され、起動時にはKlaytnのロゴが表示をされるとのこと

Apple Pay幹部が「仮想通貨は長期的なポテンシャルを持っている」と発言

・Apple Payの幹部であるジェニファー・ベイリー氏がサンフランシスコのイベントで仮想通貨について言及

・ジェニファー・ベイリー氏は「仮想通貨は、長期的なポテンシャルを秘めていて、ずっと注目してきている」と発言した

・2014年にローンチしたApple Payの現状は、月に10億件近くのトランザクションを処理。さらに、ベイリー氏によると、店舗での非接触型決済の受け入れは3%から70%に増加しているが、アメリカでの導入は遅れているようだ

メタップスアルファがNFTのマーケットプレイス「miime(ミーム)」をローンチ

・メタップスアルファが9月5日、ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムなどNFTの売買ができるマーケットプレイス「miime(ミーム)」を発表

・「miime」は、EthereumのNFTとして発行されたデジタルアイテムを、ユーザー同士で売買する場を提供するマーケットプレイスサービス

・miimeでの売買方法には2通りあって、1つは、売り手が自身の保有するデジタルアイテムを出品し、買い手は欲しいデジタルアイテムをEthereumで購入をする方法。もう1つは出品されていないデジタルアイテムを、買い手が所有者に対して販売依頼を出し、所有者がオファーを承認することで売買が成立する方法である

東京都が独自のデジタル通貨発行の実証実験を開始することを発表

・小池百合子東京都知事が、都議会定例会本会議の所信表明にて、都独自のデジタル通貨を発行する実証実験を行うことを明らかにした

・都独自のデジタル通貨は、スマホアプリや専用カードを使用して民間の決済サービスで利用できるようにするとのこと

・また、通勤ラッシュの緩和につながる時差出勤や小売店へのマイバッグ持参などを例に、環境保護や貧困撲滅などの社会貢献活動をした人を対象に、ポイントや電子マネーなどの形で、同通貨を付与する計画とのこと

・同実証実験は来年3月までに都内2か所で実施し、数年後には都内全域でデジタル通貨を発行できるようにする方針とのことで、システム構築やポイントなどの付与に、計一億円の費用を見込んでいる。なお通貨の名称は未定 ・小池知事は所信表明で「将来的には待ち時間のない、高齢者が安全に外出できる東京発の次世代移動サービスを創出したい」と述べている

LinkedInが日本の最も勢いのあるスタートアップランキングを発表し、bitFlyerが2位にランクイン

・LinkedInが日本では初となる「TOP STARTUPS」ランキングを公開し、ビットフライヤーが2位にランクインした

・同企画は、4月に実施された「TOP COMPANIES」ランキングのスタートアップ版

・ランキングの分析手法は「社員の増加率」、「企業や社員への興味」、「求人への関心」、「トップ人材を惹きつける力」(「TOP COMPANIES」ランク入り企業からどれだけの人材が入社したか)に基づいたとのことで、調査は、2018年7月1日から2019年6月30日まで行われた

・今回の結果を通して、現在の日本のスタートアップシーンが、「AI関連技術の広がり」、「海外展開への意欲の高さ」、「社会課題の解決」3つの特徴があったとのこと

・また、4日に米国版の同ランキングが発表され、前年度3位だったコインベースは29位に後退、7位だったリップルは28位に転落した

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

(セキュリタイズのカントリーヘッドジャパンの小林英至氏コメント追記)米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

仏の金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成

フランスの3つの主要銀行であるBNP Paribas、Crédit Agricole、Caisse des Dépôts(預金供託金庫)とセキュリティ・トークン・プラットフォームのトークニー(Tokeny)や開発企業ブロックチェーン・エックスデブ(The Blockchain Xdev)がセキュリティートークン(デジタル証券)を決済するための銀行間デジタル通貨の開発を目的としたコンソーシアムを立ち上げたことを11月26日にLedgerinsightsが報じた。

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施