LINEのLVCが仮想通貨交換業者へ登録、Dapp Radarが233万ドル資金調達、イタンジが東建と国交省の社会実験に共同参画などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

LINEのLVCが仮想通貨交換業者への登録完了

・LINE株式会社のグループ会社であるLVC株式会社が、資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者への登録が、9月6日に完了したことを発表

・発表によると、LVCの取扱い仮想通貨はBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Bitcoin Cash(BCH)、Litecoin(LTC)、Ripple(XRP)の5銘柄

・今回LVCが認可を受けたことで、登録業者は20社となった

コインポストDappsのポータルサイト「Dapp Radar」が233万ドルの資金調達

・Dappsのポータルサイトを運営する「Dapp Radar」が、創業初期のシードラウンドで233万ドルの資金調達。出資先は、Naspers、Blockchain.com Ventures 、ベルリンのエンジェル投資家

・プレスリリースによると、資金調達額の主な用途はR&Dに使用。そして現在のサービスを拡大し、次の成長段階に到達するために役立つであろう新しい機能を開発していく予定

・Dapp RadarのCEOは「DappRadarを設立してからわずかな時間で、テクノロジーが急速に成熟し、商業的な見通しがより明確になり、資金調達が可能になった」とコメント

イタンジが東建と国交省の社会実験に共同で参画

・イタンジ株式会社が東建コーポレーション株式会社と、国土交通省が推進する「賃貸契約における重要事項説明書等の電磁的方法による交付の社会実験」に10月1日より共同で参画することを発表

・同社会実験は不動産店舗に来店することなく賃貸借契約を締結できるような新たな賃貸体験の普及を推し進め、さらなる不動産業界の発展に貢献することが目的とのこと

・両社共同の社会実験は、東建コーポレーションの愛知県の3営業所(東建コーポレーション刈谷支店、ホームメイト西尾駅前店、東建コーポレーション豊田支店 )にて、同意をした入居希望者に対して、IT重説(賃貸における重要事項説明のオンライン化)および重要事項説明書と賃貸借契約書の電磁的方法による交付を行う。また、イタンジは東建コーポレーションに、入居申し込みのWeb受付システム「申込受付くん」と不動産関連電子契約システム「電子契約くん」を提供し、進めていくとのこと

・イタンジの提供する「電子契約くん」は、IBMが提供するHyperledger Fabricを採用し、「申込受付くん」など同社の既存サービスなどと合わせて、書面を用いずオンライン上で賃貸契約を行えるシステム

JPMorganのアナリストが「Libraのリスク」を指摘

・JPMorgan Chase&Coのアナリストが「BTCとETHなど仮想通貨の大きな価格変動を回避するように設計された急成長しているステーブルコインは、超マイナス金利、市場暴落や自然災害など、金融上ストレスフルな期間に適切に機能しない可能性がある」と指摘していることがBloomBergの報道で明らかになりました

・さらにその報道で「Facebookが来年、企業および慈善団体などと提携して、ローンチを計画しているLibraの危険性は、マイナスの利回りである」とアナリストは述べている

・Libraはネットワークを維持し、アソシエーションメンバーに報酬を支払うために、準備金口座の担保からの収入に依存している。しかし、ほとんどの主要通貨の利回りはマイナスの利回り。「そのような状態で準備金をきっちり確保し続け、流動性を維持し続けられるのだろうか」というのが主な指摘だ

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

黒田総裁のデジタル通貨に関する見解、ディーカレットが仮想通貨レバレッジ取引アプリを提供、中国浙江省がBC活用し医療請求額を6,500億円処理などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

黒田日銀総裁のデジタル通貨に関する見解、ディーカレットがレバレッジ取引のiOS版アプリ「DeCurret仮想通貨レバレッジ取引アプリ」を提供開始、中国浙江省がブロックチェーンを活用し医療請求額を417億元(約6,500億円)処理、デジタルグリッドが豊田通商と日本グリーン電力開発を引受先とする第三者割当増資を実施、ドイツ航空会社ハーンエアが、ブロックチェーン技術を利用した航空券を発行

野村HDとNRIのBOOSTRYがibet公開、ソラミツとカンボジア国立銀行がデジタル決済「バコン」を開発、中国軍がブロックチェーンなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

野村HDとNRIの合弁会社がセキュリティートークンプラットフォームibetのサイトを公開、中国軍がブロックチェーンを採用したトークンシステムを活用、ソラミツとカンボジア国立銀行が、「ハイパーレジャーいろは」を活用したデジタル決済「バコン」を開発、ガートナーの「IT部門およびユーザーに影響を与える2020年以降に向けた重要な展望トップ10」にブロックチェーンと仮想通貨も

ヤフーとLINEが経営統合、ステイクテクノロジーズがPlasm NetworkのテストネットV1公開、Aniqueが『魔法使いの嫁』のデジタルアートにNFT所有権を発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ヤフーとLINEが世界をリードするAIテックカンパニーを目指すために経営統合、ステイクテクノロジーズがPlasm NetworkのテストネットV1を公開、Aniqueがプロジェクト第4弾として『魔法使いの嫁』のデジタルアートにNFT所有権を発行、HashHubがレポート「Ethereum2.0 コンプリートガイド(2019年7月版)」を無料公開

CFTC議長がEthereum2.0は証券に当たる可能性を示唆、Compoundがa16zやPolychainから2500万ドルの資金調達、アソビシステムとウフルがブロックチェーン新サービス提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

CFTC議長がEthereum2.0は証券に当たるという可能性を示唆、Compoundが、a16zやPolychainなどからシリーズAで2500万ドルの資金調達、アソビシステムとウフルが共同で、ブロックチェーンを活用した新サービスを提供開始、近畿大学学生が、ブロックチェーンを活用した事前決済サービスを開発し、学内カフェで実証実験を開始へ、スマートバリューがマイナンバーカードを用いた本人認証アプリを開発し、ブロックチェーンを活用した住民ID基盤と連携

東海東京フィナンシャルがデジタル証券取引所に出資、グーグルがシティグループらと当座預金サービスを2020年に開始、chaintopeが「Tapyrus」提供開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

chaintopeが、ガバナンス問題を解決した日本発パブリックブロックチェーン「Tapyrus」をオープンソースで提供開始 、、東海東京フィナンシャルHDがアジア初となるデジタル証券取引所に出資、グーグルがシティグループ、スタンフォード連邦信用組合と連携し、当座預金サービスを2020年に開始、京都大学がXRP Ledgerのバリデータ運用を開始、博報堂ブロックチェーン・イニシアティブとトークンポケットとズィープロダクションがブロックチェーン技術を活用したソーシャルグッド活動推進プラットフォーム「GiverCoin」を共同開発、VALUが支援者保護のために「公式サポートサービス制度」開始へ

アリペイのアントフィナンシャルが独自ブロックチェーンテスト開始、米国でフェイスブックペイ提供開始発表、バイナンスチェーン対応スマートフォンなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

アリペイ運営のアントフィナンシャルが独自ブロックチェーン実用に向けたテスト開始、コインチェックがステラの取り扱いを開始し、対象者にステラ配布について発表、フェイスブックペイの提供開始を発表、「LayerXのリードリサーチャー中村龍矢氏の提案が、「Ethereum2.0」 の仕様に採用、みんな電力がブロックチェーンを活用した電力マッチングサービスを開始、バイナンスがHTCとBinanceチェーンとDEXサポートを内蔵した限定版スマートフォンを発表、UPSとHerdXが提携し、日本へ輸出する牛肉をブロックチェーントレーサビリティシステムで追跡

MASとJPモルガンらがブロックチェーン決済ネットワークのプロトタイプ版開発、SKILLとエン・ジャパンとマイクロソフトらの「職歴BANK」開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

シンガポール金融管理局とJPモルガンらがブロックチェーンベースの決済ネットワークのプロトタイプ版の開発に成功、アリババがビットコイン還元サービスLolliと提携、SKILLが、エンジャパンとマイクロソフトと共同構築したブロックチェーンを活用した人材マッチングサービス「職歴BANK」のサービス提供を開始、クリプトゲームスが、ブロックチェーンカードゲームに特化した開発支援を開始

テンセントがブロックチェーン基盤の「バーチャルバンク」開設予定、a16zがCrypto Startup School開講を正式発表、コインチェックがステラのバーンについて関連性を否定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

テンセントがブロックチェーン基盤の「バーチャルバンク」を開設予定、a16zがCrypto Startup Schoolの開講を正式発表、コインチェックが、ステラのバーンと取り扱い開始についての関連性を否定、ヴィチェインが独自ブロックチェーンを活用した食品トレーサビリティプラットフォーム「Foodgates」を発表

音喜多議員が金融庁と麻生大臣にステーブルコインについて質問、MUFGとProgmatの協業開発を発表したLayerX CEO福島良典氏からリスナーにコメントなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

音喜多議員が財政金融委員会でステーブルコインに関する質問を金融庁と麻生大臣へ、上海税関および中国人民銀行が国際貿易におけるブロックチェーンアライアンスを設立、電縁とHashHubが提携し、ブロックチェーンサービスの営業支援の協業を開始、ユニメディアが、ブロックチェーンを活用した物品貸し出し管理サービス「monotokne」を提供開始、LINEの仮想通貨取引所BITMAXが新規口座開設で1,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン開催、三菱UFJグループとLayerXが新たな金融プラットフォームProgmat(プログマ)の協業開発について