韓国LG、NFT取引機能を搭載したTVの特許を出願

LGがNFT取引機能搭載のTVプラットフォームの特許を出願

韓国総合電機メーカーのLGエレクトロニクス(LG Electronics)が、NFTの取引機能を搭載したTVプラットフォームに関する特許を出願している。世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Organization)により、この特許に関する資料が5月11日公開された。なお特許出願日は2021年11月4日となっており、資料の公開日も2023年5月11日に設定されている。

特許出願された資料によると、表示ユニット及び音出力ユニットなどの出力ユニットや、NFTマーケットサーバーとの接続を確立する為の通信ユニット、また暗号資産(仮想通貨)ウォレットに格納されている秘密鍵に基づいてプレビューアートワークを受信して表示するといった、TVプラットフォームでNFT取引を可能にする為に必要となる技術などが記されている。

この特許をLGエレクトロニクスが取得できれば、同社提供のTVプラットフォームを利用するユーザーは、暗号資産ウォレットをTVプラットフォームに接続して、プレビューアートワークからNFTの購入が可能になるようだ。

なおLGエレクトロニクスは昨年9月に、テレビでNFTの閲覧や取引ができるNFTプラットフォーム「LG Art Lab」をローンチしたことを発表している。その際、「LG Art Lab」のブロックチェーン基盤に、へデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の分散型パブリックネットワーク「ヘデラネットワーク」を採用していることも発表していた。

関連ニュース

参考:LG Electronics
images:iStocks/RobsonPL

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している