バイナンスが仮想通貨の貸付機能「Binance Lending」発表、イーサリアム2.0開発助成金の受賞者を発表、BUTTON WalletがTelegramで売買取引テスト開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Binanceが仮想通貨の貸付機能「Binance Lending」を発表

・Binanceが8月26日に、仮想通貨(暗号資産)の貸付機能「Binance Lending」を発表

・ユーザーがBinance Lendingを使用すると、アカウントに保持している仮想通貨(暗号資産)の貸付ができる。 その見返りに、選択した通貨の貸付期間が終了すると、その仮想通貨(暗号資産)と利子が戻ってくる仕組みとなっている

・Binanceの借入限度額は200,000BNB、10,000,000USDT、20,000 ETCで、ユーザー側の貸付限度額は500BNB、1,000,000USDT、1,000 ETCとなっている

・Binance Lendingは初期の利用は14日間で最大年利15%と設定されており、通貨としてBNB、USDT、ETCが利用可。今後、利用可能な通貨は増やしていく見込みである

イーサリアムファウンデーションが、イーサリアム2.0の開発助成金の受賞者を発表

・イーサリアムファウンデーションが総額で200万ドル(約2億1200万円)を超える、Ethereum2.0(セレニティ)の開発助成金の受賞者を発表した

・イーサリアムファウンデーションは、Ethereum2.0(セレニティ)におけるビーコンチェーンのローンチが近い中、長期にかけてマルチクライアントのテストネットの立ち上げを主要に行っている開発チームに、開発助成金を提供した

・助成金の提供はProtocol LabsとConsenSysの共同で行われている

・今回その助成金を獲得したのは、Harmony、Prysmatic Labs、Sigma Prime、Status、Whiteblock、Dmitry Khovratovich、Chainsafeの8チームとなっている

BUTTON WalletがTelegram上でのビットコインやイーサリアムの売買取引テスト開始

・BUTTON Walletが、Telegram Open Network(TON)で仮想通貨(暗号資産)を売買取引や送金できるテスト版の開発をしたことを発表

・TONでは、 BTC, BCH, ETH, ETC, LTC, Waves, Dai, ERC-20 tokensがテスト利用できる仕様となった

・BUTTON Wallet CEOは「私たちの目標は、最大のメッセンジャープラットフォームの1つであるTelegramでリスクを負うことなく、ピアツーピアトランザクションに参加する手段を人々に提供することです。 これにより、消費者にメッセンジャーバンキングエコシステムの仕組みを理解してもらい、消費者の信頼を高め、クリプト市場のマスアダプションを促進していければと考えています」とプレスリリースの中でコメントしている

金融庁の決済高度化官民推進会議にて仮想通貨について言及されていたことが明らかに

・金融庁が6月24日に行われた決済高度化官民推進会議(第7回)の議事録を8月26日に公開した

・同会議において仮想通貨に関する提言があった

・三菱UFJ銀行デジタル企画部の大澤氏によると、MUFGコインが現状もリリースに向け検証が行われているとのこと

・MUFGコインは、外部企業のオリジナルコインの発行も視野に入れたカラードコインサービス

・またヤフーの執行役員兼政策企画統括本部長である中谷氏は、Libraを例に出し、海外事業者が展開するサービスが日本の法制度にうまく適用できない場合が散見しており、外国企業の税を捕捉できないと、国内企業が不利になる可能性があることを金融庁に指摘をすると同時に、今後のLibraの動向に注視するよう求めた

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,MrsWilkins)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ

フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す

電力システムに関するブロックチェーンアライアンスであるエナジー・ウェブ(Energy Web)が、フォルクスワーゲンの研究開発部門であるフォルクスワーゲン・グループ・イノベーションと共同で電気市場へのブロックチェーンの活用可能性を調査することを3月4日に発表した

【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロバスケットボールチーム「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」のプロバスケットボールクラブトークンの発行を3月5日発表した。なおプロバスケットボール(Bリーグ)におけるクラブトークンの発行は今回が国内初の事例となる

「日立製作所が電子署名サービス開発、Kings Of LeonがニューアルバムをNFTでリリースなど」のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ハンコレスを推進へ、日立製作所がブロックチェーン基盤「日立電子署名サービス」を開発、ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す、米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース、NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表、リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ、米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施、KPMGとIntellectEUが保険の重複支払い防止のブロックチェーンプラットフォーム「ClaimShare」ローンチ、GMOコインが暗号資産(仮想通貨)エンジンコイン(ENJ)を取り扱い開始、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコースが開始