Libraから3社が離脱を検討か、米下院金融委員会がLibraを継続的に監視、バイナンスのKYC情報流出疑惑で一部データが委託業者のものと一致などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Libraから3社が離脱を検討か

・FacebookのLibraプロジェクトの一部の27社中3社が、Libra Associationから脱退を検討していることがFinancial Timesの報道で明らかになった

・3社のうち2社は世界中で議論されている「規制」の問題、もう1社はLibra Associationに参加することによるコンプライアンスの問題で脱退を検討しているようだ

・なおこの報道で具体的な社名などは明かされていない

米下院金融委員会がLibraを継続的に監視、議論していくことを明らかに

・米下院金融委員会は引き続き、Facebookが提案する暗号通貨とデジタルウォレットの継続的なレビューの実施をしていくことを、23日に発表した

・それに伴い、ムニューシン財務長官や消費者金融保護局(CFPB)のクレイニンガー局長、連邦住宅金融局(FHFA)のカラブリア局長、米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長などの政府幹部や規制担当者を議会証言に呼び議論を重ねていくようだ

・マキシン・ウォーターズ氏が率いる6人の米国議会議員のグループは、数日以内にLibraプロジェクトについて議論するために、協会の本部であるスイスを訪問する予定だ

バイナンスのKYC情報流出疑惑でそのデータの一部が委託業者のものと一致、また被害者へBinance VIPメンバーシップを提供することを発表

・Binanceが、8月7日に発生したKYC情報流出被害について最新情報を更新した

・流出したKYCデータが、外部の委託業者によって処理されたデータの一部と一致をしたことを発表

・外部委託業者とは、2017年12月上旬から2018年2月下旬に数回契約を交わしたとのこと

・流出被害についての調査は、今後も引き続き行うとしている

・また、Binanceは被害者に対して、優先取引手数料、サポートなどの優遇措置が受けられる、「Binance生涯VIPメンバーシップ」を提供することも発表した

PolkadotがKusamaNetworkをローンチ

・Polkadotが23日に実験的なブロックチェーンである「KusamaNetwork」をローンチした

・KusamaNetworkはガバナンス、ステーキング、シャーディングなど、さまざまな最先端テクノロジーが「実際の」経済状況下でどのように機能するかを理解するのに役立つように設計された、初期の未監査で完全に実験的な試作前のトライアルネットワーク

・カナリアローンチとして、Kusama NetworkはコンセンサスアルゴリズムをPoAを選択。Web3 Foundationがトランザクションを管理する形となる

・ガバナンスは三院制「一般投票室、評議会、技術委員会」をとる。この中で最も強力なのは一般投票室で、KusamaNetworkの全ての法律の変更に一般投票室の承認が必要となる

NEC、IDB Lab、ビットコインアルゼンチンがブロックチェーンの技術を活用したデジタルIDシステムの開発に関する覚書を締結

・NECの海外現地法人であるNECアルゼンチンとCivil Association DECODES(NGO Bitcoin Argentina)、米州開発銀行グループのイノベーション研究所であるIDB Labが、ブロックチェーン技術を活用したデジタルIDの開発プロジェクトに関する覚書を締結したことを発表

・同プロジェクトについては、ブエノスアイレス市の住民に携帯可能で安全かつ透明性が高い自己証明型のデジタルIDを提供することによって、質の高い製品やサービスへのアクセスを向上し、経済的脆弱性を改善することを目指しているとのこと

・このプロジェクトは4年間に渡り実施されるとのことで、初めに貧困街として知られるビジャ31地区へ導入し、その後ブエノスアイレスの他の2つの貧困地区に拡大される予定とのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。