リヒテンシュタイン、ビットコイン払い導入を計画=ロイター

国の備蓄金をビットコイン投資の動きも

リヒテンシュタインが特定の国家サービスに対してビットコイン(BTC)での支払いを認める計画を進めていると、同国ダニエル・リッシュ(Daniel Risch)首相が独経済紙「ハンデルスブラット(Handelsblatt)」のインタビューにて明かした。

リッシュ氏は5月7日のインタビューで、具体的な時期を示さずに「ビットコインによる支払いオプションが来る」と述べている。

リヒテンシュタインの財務大臣でもあるリッシュ首相は、同国がビットコインでの預金を受け入れ、すぐに自国の通貨であるスイスフラン(CHF)に交換する計画だとも述べている。

リッシュ首相は「国のお金で大きなリスクを負う計画はない」としながらも、将来的に国の備蓄金をビットコインに投資することに前向きであると付け加えている。

なお「ハンデルスブラッド」によれば、主に資本市場に投資されている国家の準備金額は、現在22億3000万スイスフラン(約3382.8億円)であることが財務省からの引用という形で報じられている。

リッシュ首相は「ビットコインのような暗号資産は、まだリスクが高すぎる。しかし、この評価は当然変わる可能性がある」と述べている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Liechtenstein to allow payment for certain state services in Bitcoin – Handelsblatt
Reporting by Bartosz Dabrowski in Gdansk
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表