韓国SKテレコムのSK Planet、アバランチでweb3ポータル「UPTN」立ち上げへ

SKプラネット、アバランチのサブネット「UPTN」立ち上げへ

韓国の大手通信企業SKテレコムの子会社SKプラネット(SK Planet)が、レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avaranche/AVAX)」で、サブネット「UPTN(アップ・トゥン)」を立ち上げるようだ。アバランチが4月5日発表した。

「UPTN」サブネットは同社がユーザ向けに提供するweb3ポータルであり、デジタルコレクティブル・Web3ウォレット・分散型コミュニティ等の基盤として機能する予定だ。

なお「UPTN」は、SKプラネットが提供する韓国最大のEコマースロイヤリティ・プログラム「OKキャッシュバック(OKcashbag/OCB)」等のサービスやアプリに統合されるとのこと。

また発表によると、OCBの加入者数は韓国の人口の約半数を占めるという。アバランチがサポートに入ることで、OCBのコミュニティはNFTやコミュニティ機能、会員特典の利用が可能になるという。なおアバラボの調査によると、韓国におけるアバランチのブランド認知度は、2022年第4四半期に前四半期比139%に上昇しているとのことだ。

アバランチを開発するアバラボ(Ava Labs)のCEOエミン・ギュン・シラー(Emin Gün Sirer)氏は「私たちは韓国のバイヤー及び販売業者がアバランチエコシステムのメリットを享受できるよう全力でサポートする」と述べ、「アバラボ、アバランチ財団、SKプラネットの連携は、Web3体験に対する韓国の膨大な欲求に応えるだけでなく、21世紀の電子商取引に可能性を広げる素晴らしい機会だと考えている」とコメントしている。

SKプラネットのCEOイ・ハンサン(Lee Han-Sang)氏は「SKプラネットは、新たな事業や分野に進出し、アバランチブロックチェーンを活用した革新的な情報通信技術を提供するグローバル企業として生まれ変わる予定だ」とコメントしている。

アバランチ(AVAX)について

アバランチは2020年にアバラボによって開発されローンチしたブロックチェーン。独自のコンセンサスアルゴリズムを採用し、高速で低コストなトランザクション処理を特徴とし、dApp(分散型アプリケーション)が構築できるプラットフォームだ。

なおアバランチはネイティブトークンとして「AVAX」を発行している。現在「AVAX」は世界の主要取引所及び、国内ではオーケーコインジャパン、DMM Bitcoin、SBI VCトレード、ビットバンク、コイントレードで取り扱われている。

関連ニュース

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Elen11

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored