ウィンクルボス兄弟のGemini、米国外でデリバティブ取引提供を準備か=報道

Geminiが海外でデリバティブ取引提供へ

暗号資産(仮想通貨)取引所運営の米ジェミナイ(Gemini)が、米国外でデリバティブ(金融派生商品)取引所設立に向けて準備している可能性があると、メディア「The Information」が関係者2名から得た情報をもとに3月29日報じた。

報道によるとジェミナイによるデリバティブ取引所設立は、27日に暗号資産取引所バイナンス(Binance)が米国のデリバティブ取引法を無視したとして米CFTC(商品先物取引委員会)に起こされた訴訟問題と、暗号資産デリバティブ取引所FTXによる昨年の破産を受けての動きとのこと。

なおバイナスを提訴した米CFTCは、バイナンスに対し、払い戻し・民事罰・永久的な取引及び登録禁止・CEAおよびCFTC規制のさらなる違反に対する永久的な差し止めを求めている。

これを受けバイナンスCEOのCZ氏は、2年以上にわたりCFTCと協力してきたにもかかわらず、民事訴状を受け取ったことを残念だとコメント。訴状には「不完全な事実」が含まれるとし、いくつかのポイントに言及した。なお完全な回答については、時期を見て行うとしている。

CZ氏によれば、バイナンスは最高水準の技術を開発しコンプライアンス確保を実現してきたという。同社はKYC(本人確認)プログラムを実施した最初のグローバル(非米国)取引所であり、現在もKYC・AMLにおいて最も高い水準を保っていると主張。KYCやIPなど複数の手段を使って米国ユーザーをブロックしていると伝えている。

関連ニュース

参考:The Information
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored