オーケーコイン、機関投資家向けにデリバティブ取引提供へ

オーケーコインが機関投資家向けにデリバティブ取引提供へ

暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン(Okcoin)が、機関投資家向けにデリバティブ(金融派生商品)取引を提供することが5月10日分かった。

また同社は国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)に入会したことを同日併せて発表した。

ISDAはOTCデリバティブの効率的かつ着実な発展を促進するため、1985年にアメリカのニューヨークで設立されたデリバティブに関する世界的な組織。ISDAの基本契約は、伝統的な資産のデリバティブのために業界全体で使用されている。今回オーケーコインのISDAとの基本契約により、最良事例に沿った暗号資産商品を提供できるようになるとこのと。

ちなみにオーケーコインは暗号資産取引所としてISDAの会員となった3番目の取引所だ。暗号資産取引所として最初にISDAに入会したのは「FTX US」で第2号は「コインベース(Coinbase)」だ。

なおオーケーコインは、米国での取引で限定されているビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)以外の暗号資産についても、デリバティブ商品として提供する予定とのことだ。

オーケーコインのマネージングディレクター兼営業本部長イスカンダル・ヴァンブラルカム (Iskandar Vanblarcum)氏は「ISDAのマスタープロトコルは、伝統的な資産に関するデリバティブのために、(暗号資産)業界全体で使用されています。 我々の顧客は、暗号資産市場から利益を得るために、ISDAのような世界的に認められたテンプレートを必要としています」と述べている。

オーケーコインは今年後半に適格機関投資家向けにOTCデリバティブ商品を提供する予定としているが、その詳細についてはまだ明らかにしていない。

関連ニュース

米国デリバティブ規制当局トップ、暗号資産規制の中心的役割を担う方針示す

オーケーコイン、NFTマーケットプレイス立ち上げへ

オーケーコインとスタックスら、助成プログラム「ビットコインオデッセイ」立ち上げ

コインベースがFairX買収、米国でデリバティブ取引提供に向け

バイナンスが香港でデリバティブ商品提供を停止へ、欧州3ヵ国での対応に続き

参考:Okcoin
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Peera_Sathawirawong

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援

ビットコインエコシステムへ投資を行う米国VC「フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)」 の日本法人「フルグル合同会社」が、ライトニングネットワークのユーザーおよび開発者のコミュニティ「Diamond Hands(ダイヤモンドハンズ)」を支援していくことを10月7日に発表した。