チケットマスターが「token-gated」試験導入、特定のNFT所有者にコンサートチケット販売可能に

チケットマスターがトークンゲーティッドを試験導入

米チケット販売会社チケットマスター(Ticketmaster)が、特定のNFT所有者に対してコンサートチケットを販売できるツール「トークンゲーティッド(token-gated)」を試験的に提供開始したことを3月27日発表した。

今回の試験提供にて「トークンゲーティッド」は、ロックバンド「アヴェンジド・セヴンフォールド(Avenged Sevenfold:A7X)」のコンサートチケットの早期入手権において利用されたとのこと。同バンドが展開する10,000個のNFTで構成されたNFTプロジェクト「デスバッツクラブ(Deathbats Club)」のデスバッツNFT所有者に対してチケットの早期入手権を付与するとのこと。

なお「デスバッツクラブ」は、デスバッツNFTの所有者が特典のロックを解除してイベントにアクセスする為のファンクラブメンバーシップだ。

デスバッツNFTの所有者には、同NFTの知的財産権が付与され、商品の作成やバンド、ブランド、ビジネスが展開できるという。またメタバースプロジェクトへのアクセス権やコンサートチケットなども与えられるとのこと。

「トークンゲーティッド」は、「アヴェンジド・セヴンフォールド」とそのチームであるビットフリップス(Bitflips)により共同開発されたもの。メタマスク(MetaMask)やコインベースウォレット(Coinbase Wallet)などイーサリアム(Ethereum)基盤のweb3ウォレットが接続できるという。

チケットマスターは「トークンゲーティッド」により、アーティストが特定のNFT所有者に対して特別な先行販売や独占的なコンサート体験など様々なアクセス権を与えることが可能になると説明している。

またチケットマスターは「トークンゲーティッド」の他にも、チケットの転送を制限して再販価格を額面価格で固定するプログラム「フェイスバリューチケットエクスチェンジ」や、高額な転売目的でチケットを取得しようとするスキャルパーやボットを除外する登録システム「ベリファイドファン」、アーティストがリクエストに応じて需要の高いショーのチケット販売を可能にして、従来のオンセールラッシュを排除するサービス「チケットマスターリクエスト」を提供していくとのことだ。

チケットマスターによるNFT関連の取り組み

チケットマスターは昨年8月にダッパーラボ(Dapper Labs)とのパートナーシップ締結のもと、イベントチケットをデジタルコレクタブルNFTとして発行できる新機能をイベント主催者向けにローンチしている。

この新機能により、チケットマスターでライブイベントのチケットを販売しているイベント主催者は、イベント開催前や最中、終了後にNFTの発行が可能になった。

また昨年11月には、米アメフトプロリーグNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と連携し、NFTによる「バーチャル記念チケット」を販売している。なおこのNFTはポリゴン(Polygon)ブロックチェーン上で発行されたようだ。

関連ニュース

参考:Ticketmaster
images:iStocks/Laura-Gxnzalez

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている