政府はビットコインを殺すの力はないと米議員発言、Libraに関する米国下院金融サービス委員会の公聴会、ALISが企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービス開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

米国会下院議員が「政府はビットコインを殺す力はない」と発言

・米国会下院議員パトリック・マクヘンリー(Patrick McHenry)氏が18日の下院金融サービス委員会のLibraに関する公聴会の前に米国経済メディアCNBCに出演し、政府はビットコインを殺す力はないと発言、その理由としてファイヤーウォールや極度の干渉をした中国でさえビットコインを殺せなかったと付け加えた

・一方ビットコインを模倣し完全にオープンでなく分散化されていない他の仮想通貨はシャットダウンできるだろうと語った

・そして「本当にオープンでない分散台帳については止めることができるだろう」とFacebookのLibraについても触れた

フェイスブックLibraに関する米国下院金融サービス委員会の公聴会が開催

・7月16日の米国上院銀行委員公聴会に続き、7月17日に米国下院金融サービス委員会のフェイスブックのLibraに関する公聴会でCalibra社の代表デイビット・マーカス氏が出席。昨日の公聴会と同様で論点は「データの取り扱い方」や「金融及び法律規制」について。それらに基づき、下院議員から多くの質問が飛び交った

・Libraのステーブルする通貨の内訳についてマーカス氏は「およそ50%がドル、そしてユーロ、英ポンド、円などが入り。中国人民元は入らないと」明言した

・マーカス氏は「Libraは証券性のある通貨ではなく、消費者のペイメント通貨であるので、Howey Testの管轄外となる」ともコメント ・「Libraはお金を稼ぐのか?」という質問に対して「将来的には金融機関の連携を視野に入れながら、Libraのユーザ数を増やしていくことでFacebook利用者が増え、広告事業が伸びるという見込みを持っている」とコメント

コインベースが投資家向けに独自データを無償で提供

・米仮想通貨取引所コインベースが、ユーザーが投資に活用するために同社の取引データを無償で提供することを発表

・提供するデータは以下
(1)仮想通貨保有量の多いトレーダーの動向
資産残高がトップ10%の顧客の特定の仮想通貨を基準にしたポジションの純増減(購入)または減少(売却)の傾向を指し、過去24時間の幅でデータを出し、約2時間ごとに更新されるとのこと
(2)仮想通貨の保有時間と人気仮想通貨
特定の仮想通貨をユーザーが売却や送金をするまで何日保有していたかの平均値および、特定の仮想通貨を保有している顧客の数のランキング(24時間ごと更新)
(3)仮想通貨の価格の相関関係
仮想通貨の価格が他の仮想通貨と互いにどのように関連して移動したかを測定する

・コインベースはいままで提供しているデータを含め投資に関する「アドバイス」ではないとし、あくまで個人の判断で投資戦略は立てて欲しいと注意をしている

ALISが企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービスを開始

・株式会社ALISが、学歴や資格やデジタルコンテンツなど様々な証明を行いたい企業・団体向けに「ブロックチェーン証明書発行サービス」の提供を開始し、ALIS利用者が作成した記事を任意でブロックチェーンに登録できる機能も公開したことを発表した

・現在、世の中一般に普及している文書による証明書は偽造・改ざんがされていないことを証明するために、高額な信用コストが発生しているが、ブロックチェーンを活用することで既存手法よりも簡単、瞬時、低コストで「信用」を検証可能な証明書を提供できるようになる

・同機能はALISオープンβ版0.44.0としてリリース、記事の内容をハッシュ化し、ハッシュ値をEthereumブロックチェーンに刻み込むとのこと

・注意事項として、ブロックチェーンに記録をしてから記事の内容を一文字でも編集したら、新しい内容のハッシュ値が完全に違ってくるので、編集後は新たに記録が必要となるとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースの総収益や顧客数が上場報告書により明らかに、デジタルガレージと大和証券が2種類のデジタル社債発行、カナダでイーサリアムETF申請などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

コインベースが上場報告書をSECへ提出、総収益約1,210億円、顧客数4,300万人など実体が明らかに、デジタルガレージと大和証券が2種類のデジタル社債を発行、世界初の事例となるか、カナダでイーサリアムETF(上場投資信託)の目論見書が提出、bitFlyer Blockchain(ビットフライヤーブロックチェーン)が生協のDX推進に独自のブロックチェーンIDソリューション「bPassport(ビーパスポート)」を提供、techtecら9社が分散型金融(DeFi)の推進に向けJapan DeFi Alliance(JDA)を設立、同性パートナーのためにブロックチェーンを活用した「パートナーシップ証明書」を発行へ、一般社団法人Famieeが発表

techtecら9社が分散型金融(DeFi)の推進に向けJapan DeFi Alliance(JDA)を設立

日本におけるDeFiの普及を目的とした業界団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」が2月26日設立された。 JDAは株式会社techtecの代表取締役CEOである田上智裕氏を発起人とし、techtecをはじめMaker Foundation、Kyber Network、株式会社HashHub、Fintertech株式会社、Stake Technologies株式会社、ソラミツ株式会社、FRAME00株式会社、Fracton Ventures株式会社の9社が設立をした団体である

bitFlyer Blockchain(ビットフライヤーブロックチェーン)が生協のDX推進に独自のブロックチェーンIDソリューション「bPassport(ビーパスポート)」を提供

株式会社bitFlyer Blockchain(ビットフライヤーブロックチェーン)が生協のデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指す「DX-CO・OPプロジェクト」の推進に向け、ブロックチェーンIDソリューション「bPassport(ビーパスポート)」の提供を開始したことを2月25日発表した。「DX-CO・OPプロジェクト」は日本生活協同組合連合会、コープ東北サンネット事業連合、コープデリ連合会、東海コープ事業連合が 4 者共同で推進しているプロジェクトだ

マイクロストラテジーが19,452BTC追加取得、ディーカレットがマイニングマシン販売と運用サービス開始、オプティミズムがa16zらから約26億円資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米マイクロストラテジーが約1,090億円で19,452BTCを追加取得、DeCurret(ディーカレット)が国内初のビットコイン・マイニングマシンの販売・運用サービス開始、【取材】HashHubレンディングがETHとDAIの貸借料率(年間利率)を最大14%に引き上げ(平野淳也氏コメント)、【取材】ハッシュポートがフレセッツの全株取得(吉田世博氏/柚木庸輔氏コメント)、イーサリアムのLayer2技術開発のオプティミズムがa16zらから約26億円の資金調達、ヨーロッパ最大の暗号資産アセマネ企業コインシェアーズが3月にスウェーデンでIPO、JPモルガンが宇宙空間でブロックチェーンを用いた決済実験を実施、カナダのVersaBank(ヴァーサバンク)が銀行預金を1対1ペッグさせるデジタル通貨「VCAD」の発行を計画、DEX機能実装などブレイブ(Brave)が新たなロードマップを発表、DeFiへのアクセス拡大を目指す、GMOコインがテゾス(XTZ)のステーキングサービスとFXサービスでの取り扱い開始を発表、ビットコインやイーサを楽天キャッシュにチャージ、加盟店で買い物利用が実現、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「勘定奉行シリーズ」と連携開始