SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で

SBIデジタルアセットが英ゾディアカストディとJV設立へ

SBIグループの子会社SBIデジタルアセットホールディングス(SBI DAH)が、英ゾディアカストディ(Zodia Custody)と合弁でJV(ジョイントベンチャー)を設立することを2月3日発表した。

発表によると新会社では、日本を拠点に機関投資家向けにデジタルアセットのカストディサービスを提供する予定とのこと。予定出資比率はSBI DAHが51%、Zodiaが49%とのこと。

ゾディアカストディは、世界的な銀行金融グループの英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank:SCB)のベンチャー投資&インキュベーションユニットであるエスシーベンチャーズ(SC Ventures)と米大手資産運用会社ノーザントラスト(Northern Trust)が設立した、機関投資家向けの暗号資産(仮想通貨)カストディソリューションを提供する企業だ。

SBI DAHによると、現在デジタルアセットに関心のある機関投資家が市場に参入することを妨げている大きなボトルネックは、規制対応における不透明さであるとのこと。そこで新会社では、日本における洗練された規制枠組みに沿ったサービスを提供することでこの問題を解決し、デジタルアセット市場の拡大に貢献することを目指していくとのことだ。

なおSBI DAHは先月1月、既存出資先の独ベールゼシュトゥットガルトグループ(Boerse Stuttgart Group)のデジタル事業全体への投資拡大を発表していた。

これによりSBI DAHは今後「ベールゼシュトゥットガルトデジタル(Boerse Stuttgart Digital)」ブランドを束ねていくとしている。

関連ニュース

SBIデジタルアセット、欧州6位の取引所「Boerse Stuttgart」のデジタル資産事業へ投資拡大

SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始

gumi、SBIおよびスクエニから約70億円調達。web3領域やBCゲームで業務提携も

前澤友作MZ Cryptos、SBI、アニモカら gumi組成web3ファンド「Decima Fund」にGPとして参画

みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始

参考:SBI DAH
デザイン:一本寿和
images:iStock/shilh

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている