フォビジャパンにパレットトークン(PLT)上場へ、国内4例目

フォビジャパンにパレットトークン上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンが、暗号資産パレットトークン(PLT)の取り扱い予定を1月27日発表した。

なおパレットトークンが国内取引所に上場するのは4例目。コインチェック、オーケーコインジャパン、コイントレードにて既に取り扱われている。

フォビジャパンでのパレットトークン取扱いは1月31日15:00から、同取引所の取引所サービスで開始する予定とのこと。

現物のみの取り扱いで、入出金にも対応するという。なおフォビジャパン(WEB)およびフォビジャパンアプリがサポート対象だ。

今回のPLT取り扱いにより、フォビジャパンでは全27銘柄の暗号資産を取り扱うことになる。

なお現在ではビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、リップル(XRP)、フォビトークン(HT)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オントロジー(ONT)、トロン(TRX)、クオンタム(QTUM)、ジム(XYM)、リスク(LSK)、エイダ(ADA)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)、アイオーエスティー(IOST)、ビットコインSV(BSV)、ジャスミー(JMY)、オーエムジー(OMG)、コスプレトークン(COT)、テゾス(XTZ)、ディープコイン(DEP)の取引が行われている。

パレットトークンは2021年7月に「Coincheck IEO」を利用して国内で初めてIEO(Initial Exchange Offering)を経てコインチェックに上場した。PLTは、エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「Palette」などで活用されるトークンだ。

ブロックチェーン関連コンサルティング・システムソリューション事業を執り行うHashPort(ハッシュポート)傘下のNFT関連事業を行うHashPalette(ハッシュパレット)がパレットトークンの発行元だ。

関連ニュース

フォビジャパンにディープコイン(DEP)上場へ、国内3例目

コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ

オーケーコインジャパン、パレットトークン(PLT)取扱いへ

日本発のパレットトークン(PLT)、海外取引所Bybitに上場

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考:フォビジャパン
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored