「キャプテン翼」ブロックチェーンゲームが出金停止、リリース直後にウォレット不具合で

「キャプテン翼 -RIVALS-」リリース直後に不具合発生

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」が1月11日13時よりサービスを開始したが、リリース直後に複数のバグが発見される事態となった。

「キャプテン翼 -RIVALS-」は、サッカー漫画 「キャプテン翼」のIPを活用したブロックチェーンゲームだ。ゲーム開発企業Thirdverse(サードバース)のブロックチェーンゲーム子会社SWORD(ソード)とソーシャルゲーム開発企業KLab(クラブ)のweb3子会社BLOCKSMITH(ブロックスミス)が開発、運営している。なお同ゲームの販売事業者となるSWORDは所在地をバージン諸島に置いている。

今回の不具合について最初に公式ディスコードからアナウンスされたのは、11日22時51分。スペンディングウォレット(ゲーム内ウォレット)からの出金機能に不具合が確認されたため、同機能を停止したとのことだった。

なお記事執筆時点で公式にアナウンスされていないが、Twitterなどではスペンディングウォレットに入金した金額(MATIC)以上に出金ができてしまうというバグが発生したことが報告されている。

その後翌日未明の12日2時34分には、ウォレットに関する不具合を最優先に対応しているとした上で、ユーザーから報告されていたという「ミント後のクールタイムに関するバグの修正」、「招待コード発行ページにエラーページが表示されるバグの修正」などが完了したことが発表されている。

また5時3分に同ゲーム運営は、「ウォレット作成画面でフリーズする」「レベルアップ後のポイント分配で『ポイントが不足しています』と表示される」といった不具合があったことを報告している。

そして10時30分には、不具合対応について「最優先」で進めているとし、13時までに今後の方針をアナウンスすることを発表した。運営は「正常にご利用いただいているユーザーの皆様の資産が引き出せなくなることはございませんので、その点はご安心ください」とコメントをしている。

またThirdverseおよびSWORDの代表である國光宏尚氏はTwitterにて、「リリース早々のバグ本当に申し訳ないです… ただ原因は特定できており、チームメンバー一同、その解決に全力を尽くしており、解決の目処も立ってきました。信頼を回復できるように全力を尽くしていきます。」などとユーザーに対しリプライを行っている。

なおTwitter上ではウォレットの不具合の他に、運営がゲーム内ユーティリティトークン「TSUBASAUT」の販売をローンチ前からDEX(分散型取引所)で続けていたという指摘もある。

これらの今後の対応について、運営の公式アナウンスでどのように説明されるか注目が集まる。

大型IPを活用したブロックチェーンゲームとして期待されていた本作、トラブルを含んだキックオフとなった。

関連ニュース

ロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」サービス開始、各種キャンペーンも

ThirdverseがPolygon Studiosと提携、キャプテン翼ゲームにもポリゴン(MATIC)採用

長友佑都、キャプテン翼ブロックチェーンゲームのアンバサダーに

【取材】キャプテン翼のブロックチェーンゲーム、ThirdverseとBLOCKSMITHが年内ローンチへ、2種のトークン発行

『キャプテン翼』がメタバース進出、「The Sandbox」と提携

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された