TON財団、分散型ストレージソリューション「TON Storage」発表

TON財団が「TON Storage」発表

パブリックブロックチェーン「TON(The Open Network)」の開発を支援するTON財団(The TON Foundation)が、ファイル共有やデータ保存に有効な「TON Storage」のローンチを1月4日発表した。

「TON Storage」は分散型ファイル共有及びデータストレージソリューションで、TONのブロックチェーンを使用し、分散化された安全でプライベートなコンピュータネットワークを介してデータを転送する仕組みになている。これにより、ユーザーはあらゆるサイズのファイルを自由かつ安全に交換することができ、すべてのデータは自動的にバックアップされ、暗号化されるという。

このソリューションでは、ノード運営者とユーザーがTONブロックチェーン上でスマートコントラクトを作成し、ユーザーが一定額の暗号資産(仮想通貨)「Toncoin(TON)」を支払うことで、事前に決められた期間、ファイルの保存が保証される。そのため事実上、半永久的な保存も実現可能なようだ。また、誰でもTONネットワーク上のノードオペレーターになることができるという。

TON財団の創設メンバーであるアナトリー・マコソフ(Anatoly Makosov)氏は「『TON Storage』は、個人ユーザーから数百万ドルの利用者を持つサービスまで、幅広く利用することが可能である。信頼性の高い分散型ストレージソリューションを提供することは、分散型のオープンなインターネットという私たちのビジョンを実現するための次のステップだ。私たちのコミュニティがこの技術を使ってどのような製品を生み出すか、楽しみにしている」と述べている。

TONは、もともとメッセージングサービス「テレグラム(Telegram)」が開発、設計したブロックチェーン。テレグラムは、ICOなどを実施し当時約17億ドルを調達していたが、そのトークン販売が未登録有価証券の販売にあたるとして米国SECに提訴された。その後リブランディングされ、現在はテレグラムは関与せず、TON財団が開発を引き継いでいる。

関連ニュース

テレグラムがユーザーネームのオークション機能ローンチ、TONブロックチェーン利用で

テレグラムがブロックチェーンプラットフォームTONの開発中止を発表

アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート

【音声レポ】dApps開発の勘所~チェーン選定から運用まで(真木大樹 / 紫竹佑騎 / 釣崎宏 / 中野裕介 / 赤澤 直樹)

【取材】NFT画像消失を防ぐ「Pinned」、アナザーボールがローンチ

参考:TON財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/maxkabakov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored