アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート

アリババクラウド、アバランチ開発インフラサポート

アリババクラウド(Alibaba Cloud)が、パブリックブロックチェーンのアバランチ(Avalanche / AVAX)の技術インフラやバリデーターをサポートしていく方針を12月2日発表した。

アリババクラウドはインフラ技術およびインテリジェンスツールのラインアップをアバランチに拡張し、ユーザーがアリババクラウドのサービスを通じてバリデータノードを立ち上げられるようにした。

またユーザはアリババクラウドの一連のサービスを通じてコンピューティング、ストレージ、および配信リソースにアクセスできるようになったとのことだ。

具体的にアバランチの開発者は、アリババクラウドのIaaS(Infrastructure as a Service)を使いバリデーターを簡単に立ち上げられるようになった。

またアプリケーション開発者はユーザーのアクティビティに対応するため、アプリケーションをサポートするクラウドインフラを追加することができるという。

アリババクラウドはアバランチの現状について「2020年9月にローンチして以来、アバランチはデジタルアセットにおいて最も速く有機的に成長しているエコシステムの1つです。現在、Aave、Curve、BENQi、Sushi、ChainlinkなどのトップクラスのDeFiプロジェクトや、Deloitte、Lemonadeなどのリーダー向けのエンタープライズアプリケーションなど、1,000以上のプロジェクトがプラットフォーム上で構築されています」とリリースで説明している。

なおアバランチは先月、エコシステム内での開発をサポートする「Rust SDK」をリリースしている。

参考:アリババクラウド
images:iStocks/monsitj・dalebor
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された