3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

信州松本ダイナブラックスがFiNANCiEでトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、Sリーグ所属の3×3プロチーム「信州松本ダイナブラックス」のトークン新規発行および販売開始を12月5日発表した。

Sリーグは、今年5月より開催開始した3人制バスケットボールの国内リーグ「3×3 S League」の通称だ。「信州松本ダイナブラックス」は2021年に設立された長野県初の3人制バスケットボール3×3のプロチーム。9月には国宝松本城で初のプロスポーツ大会を開催するなど、長野県内を中心に活動の幅を広げているという。

「信州松本ダイナブラックス」では今回のトークン発行により、チーム目標の1つである「長野県の全77市町村で試合やイベントを開催し、3×3を通して長野県を盛り上げること」を達成するために「公式マスコットと巡る!長野県77市町村おじゃマップロジェクトを発足するとのこと。これによりトークン保有者(サポーター)が参加できる「FiNANCiE」内のコミュニティで、サポーターとともにマスコットを制作し、そのマスコットと共に各地を巡り、その土地の魅力を発信するなどして、77市町村制覇を目指していくとのことだ。

また今回のトークン販売によるファンディングで集まった支援金は、長野県全77市町村での試合やイベント開催を目的として、「公式マスコットと巡る!長野県77市町村おじゃマップロジェクト推進費」および「チーム強化費」に使用する予定とのこと。

なお今回FiNANCiE上で発行されるトークンは「DBXトークン」として販売されるとのこと。

「DBXトークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるという。

現在発表されている投票企画案として、「公式マスコット名前投票」や「公式マスコットデザイン投票」、「2023チームスローガン投票」がある。また抽選特典案として「長野県名産品プレゼント」や「チームグッズプレゼント」、「会場でフリースロー対決ができる権利抽選」がある。

「DBXトークン」の初回販売期間は12月5日14時から1月31日21時の予定だ。

なお「DBXトークン」の販売メニューは、3,000ptから300,000ptで購入できる全11種類が用意されている。

購入者には購入pt分の「DBXトークン」が付与される他、前述した「トークン保有者限定コミュニティへの参加」、「投票企画・抽選応募への参加権」やNFTとなる「初期サポーター記念コレクション」が得られる。またメニューによっては「全選手サイン入りマスコットグッズ」や「オリジナルラベルビール」、「選手による小学生、中学生向けのクリニックが受けられる権利」、「高校生以上が選手たちと一緒に練習参加できる権利」、「マネージャー体験」、「2/11感謝祭協賛コース」などもある。

なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。また「FiNANCiE」で発行されているトークンは、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、信州松本ダイナブラックスのオーナーである山崎 孝一郎氏より以下のコメントを得た。

「信州松本ダイナブラックスは2021年に設立された長野県初の3×3プロチームです。3×3は東京五輪から正式種目となった注目の競技ですが、長野県内ではまだまだマイナースポーツです。これから3×3を盛り上げていく、発展途上のチームだからこそ、ファンの方々、地域の方々と一緒に考え、参加いただければと思います」

関連ニュース

体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行

金メダリストに訊く、「徳洲会体操クラブ」のトークンを活用したチーム作り(月刊フィナンシェ10/11月合併号)

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

【取材】フィナンシェが約7.7億調達、エクイティで

トークンで地域活性化、FiNANCiE活用の「次世代 町おこし」

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した