メタマスクのモバイルアプリが近日中リリース、Googleコアアップデートの影響で仮想通貨メディアCCN閉鎖、リクルートがBreezに出資のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

メタマスクのモバイルアプリが近日中にリリース

・メタマスクのモバイルアプリが近日中にリリースされることがメタマスク公式Twitterで発表された

・モバイル版についての専用ページが公開されており、メールアドレスを登録するとパブリックベータ版リリースの際に通知が受け取れるようになる

・モバイル専用ページはこちら

Googleコアアップデートの影響で仮想通貨メディアCCNが閉鎖

・仮想通貨メディアCCNがメディアを閉鎖することを発表

・CCNによると閉鎖の理由はGoogle検索のアップデートによって2日間で90%流入が減ったことが大きな要因で、モバイルからのCCNへの検索流入は71%以上落ちたとも発表されている

・なおSistrix.comによると他社の大手仮想通貨メディアのCoindeskは34.6%,Cointelegraphも21.1%流入が減っているということが閉鎖発表したCCNの記事に記載されている

リクルートがライトニングネットワーク対応ウォレットを提供するBreezへ出資

・株式会社リクルートがイスラエルのBreez Development Ltd.への出資を発表

・今回の出資はリクルートの投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じて行われた。なお、出資額は不明

・Breez社はライトニングネットワーク対応のウォレットを提供する企業で、ライトニングネットワークに必要なシステムを自社で開発・提供している

・またBreez社は店舗向けのPOSシステムも開発・提供しており、仮想通貨決済の導入を促進している企業である

リップルがブラジルに新支社設立

・リップルがブラジルのサンパウロに新支社を設立することが、コインテレグラフブラジル版の報道で明らかに

・正式発表は今月11日~13日にサンパウロで開催されるフィンテック系イベント「CIAB Febraban」で行われる予定

・リップルは先月5月29日にもスイスチューリッヒに新支社を設立している

Devcon大阪の登壇者募集開始

・Devconのプレスリリースにより、登壇希望者の申し込み開始とイベント開催場所が決定したことが明らかになった

・学生や開発者向けに奨学金制度も設けている。なお開催場所は、大阪ATC Hallの予定とのこと

・Devcon5での主な議論内容は以下の8つ ①Eth 1.X(スケーリング,EWASM) ②Eth 2.0(シャーディングなど) ③ディベロッパーのナレッジシェア ④UXとデザイン ⑤コミュニティの深化と方向性共有⑥社会必要性 ⑦セキュリティ ⑧プライバシー ・一般チケットの発売開始は7月中旬の予定で主催者側が発売の1週間前にメールを送ることになっている

・登壇希望者はこちらで事前に登録する必要がある

ARTGATEがKAWSの「NO REPLY」のオーナー権初回販売を6月19日に開始、ブロックチェーンでのデジタル証明証の発行は夏頃予定

・ ARTGATE(アートゲート)は、 ”アート作品を共同保有できる” 会員権プラットフォーム。これまでスペースや費用といった理由でアート購入を諦めていた人でも、 手の届く価格から好きなアート作品のオーナー権を購入し、 オーナー限定の展示パーティ―やアート体験ができるなどの優待を受けることができるサービス

・購入した各作品のオーナー権は複数作品をまとめてポートフォリオ機能で一元管理することができ、 プラットフォーム内で保有し続けることも売買することも可能となる(売買機能は今冬リリース予定)

・このARTGATEがストリートアーティストKAWSの人気シリーズ「NO REPLY」のオーナー権初回販売を2019年6月19日(水)より開始すると発表。価格は50,000円から先着順で販売し、作品全体の90%相当のオーナー権を販売(10%は出品者が継続保有)するとのこと。またこれに際して2019年8月31日までにオーナー権を購入した方は年会費が永年無料となるキャンペーンを実施中

・なおARTGATEは信頼性の高い情報管理のためブロックチェーンを活用したデジタル証明証の発行を予定している。ARTGATE代表取締役社長の松園詩織氏によると、この機能は夏頃実装予定だとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,extracoin)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。