DMMがブロックチェーンゲーム「かんぱに☆ガールズ RE:BLOOM」来夏リリース、Oasysで独自L2構築

DMMがOasysで来夏「かんぱに☆ガールズ RE:BLOOM」

DMM.com(DMM)が、オアシス(Oasys)上でブロックチェーンゲーム「かんぱに☆ガールズ RE:BLOOM」を2023年夏にリリース予定であることを12月14日にオアシスが発表した。DMMはオアシス上で独自のLayer2ブロックチェーン(Verse)を構築し、その第一弾として本作をリリースする。

DMMは今年7月にweb3事業への参入を発表し、「独自トークンを軸としたトークン経済圏の構築」を目指し、この経済圏で「GamiFiとGamiFiプラットフォームの開発/運営」、「各種NFTおよびX2Eプロジェクト」、「Web3の起業家/コミュニティ/クリエイターとの共創プロジェクト」を展開する方針を示していた。

そしてその事業の第1弾として「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」や「NFTWars」の開発を手掛けるCryptoGamesとの協業のもと、ブロックチェーンゲームの開発を開始していた。なおDMMは今年7月にオアシスへ投資も行なっている。

「かんぱに☆ガールズ」は、DMM GAMESで、累計250万人がプレイしたブラウザゲーム。主人公は異世界転生した「剣と魔法の世界」で傭兵会社の社長となって、冒険するファンタジーRPGだ。なおブラウザ版の「かんぱに☆ガールズ」は2021年7月12日にサービスを終了していた。今回このゲームがブロックチェーン版として再始動することになる。

ブロックチェーンゲーム版の「かんぱに☆ガールズ RE:BLOOM」は、プレイヤー自身で創出した価値を、他のプレイヤーと交換・売買・譲渡しながら、誰にも負けない最強パーティーを作り上げ、シーズン毎(2か月に1回開催予定)に行われる世界大会で、No.1の傭兵会社を目指す戦略的セミオートバトルRPGになる予定だという。

またブロックチェーンゲーム版は、旧かんぱに☆ガールズのプレイヤーも楽しめるように従来のゲーム性の大きな変更はなく、「戦略性・プレイヤー間のコミュニケーション」を加えたものになるとのこと。ブラウザ版のプロデューサーの梨木氏は発表にて、「ファンのみなさまの中には、新開発体制での制作に懸念を抱いている方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。旧作の世界観を踏襲しつつ、今まで体験したことがない要素をプラスした、新体験のブラウザゲームが来年プレイできます」とコメントしている。また言語は日本語だけでなく英語にも対応するとのことだ。

ブロックチェーンゲーム版「かんぱに☆ガールズ RE:BLOOM」のプロデューサー三原氏は「この度、新たなゲームスタイル(ブロックチェーンゲーム)として、かんぱに☆ガールズを再始動いたします。タイトルの『RE:BLOOM』には、ファンのみなさまにもう一度かんぱにを楽しんでいただきたい。そして、これから新たにはじめていただけるプレイヤーのみなさまに、かんぱにの魅力をお届けしたいという気持ちを込めて名付けました。

旧作かんぱに☆ガールズのプロデューサー梨木より魂を受け継ぎ、旧作の世界観を尊重・大切にしながら、ブロックチェーンゲーム(Game-Fi)という新たな要素を+αした、新体験のブラウザゲームをお届けできるように現在誠意開発中です。プレイヤーのみなさまの応援一つ一つが、開発チーム一同の励みになります。ぜひご期待ください」とリリースでコメントしている。

関連ニュース

【音声レポ】GameFiの可能性~web3はゲームをどう変えるか?(佐藤達也/前田慶次/松原亮/山田耕三)

DMMがNFTの物理3Dプリント版販売へ、第1弾はGenerativemasks

DMMがブロックチェーンゲーム開発開始、Oasys採用で来夏販売へ

DMM、日本発ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」へ出資

DMMがweb3新会社設立へ、独自トークン経済圏の構築目指す

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している