英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得

英TP ICAPが機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得

英大手金融サービス会社「TP ICAP」運営の暗号資産(仮想通貨)取引所「フュージョン・デジタル・アセット(Fusion Digital Assets)」が、暗号資産交換業者として英国金融行動監視機構(FCA)から認可を受けたことが12月1日発表された。

「TP ICAP」は、機関投資家向けにホールセール(大口決済)金融市場のブローカー事業を展開し、世界27か国に60以上のオフィスを構えるグローバル金融企業である。

「フュージョン・デジタル・アセット」は機関投資家向けの暗号資産取引所となっており、「TP ICAP」がこれまで培ってきた電子取引プラットフォームとグローバルな顧客基盤を活用して、流動性の高いノンカストディアルな暗号資産取引所の実現を目指すとのこと。

なお同取引所のカストディは、暗号資産の資産管理を専門とするフィデリティ・デジタル・アセット(Fidelity Digital Assets)が引き受けるとのこと。「フュージョン・デジタル・アセット」は、フィデリティが提供する顧客資産の独立管理モデルと決済サービスを活用するとのことだ。

「TP ICAP」のデジタルアセット責任者であるダンカン・トレンホルム(Duncan Trenholme)氏は「私たちの伝統的な顧客層からの需要が高まっているにもかかわらず、これまでデジタル資産のホールセール市場には、顧客が資本を配分するために必要な信頼できるインフラと保証が欠けていました。フュージョン・デジタル・アセットはこのようなニーズに対応するものです」とリリースでコメントしている。

今後「フュージョン・デジタル・アセット」は、相互運用可能なカストディサービスを実現するために数年で複数のカストディアンと提携を進めるとのことだ。

関連ニュース

英国政府、全ての暗号資産を規制する権限保有へ

英規制当局、高リスク金融商品広告の規制強化

暗号資産取引所エクシアデジタルアセット(旧LastRoots)に行政処分、業務停止・改善命令

バイナンスが日本参入、国内取引所SEBC全株式取得、元クラーケンジャパン千野氏が代表取締役に

NY連銀と米大手金融機関ら、デジタル通貨プラットフォームのPoC開始

参考:TP ICAP
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Wiphop-Sathawirawong

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察