米ロボットゲームズ、a16zやgumi cryptosらから約21億円調達

米ロボットゲームズ、a16zらから約21億円調達

米ゲームスタジオのロボットゲームズ(Roboto Games)が、シリーズAラウンドで約21億円(1,500万ドル)の資金調達実施を11月29日に発表した。

このラウンドはアンドリーセンホロウィッツ(a16z)が主導し、アニモカブランズ(Animoca Brands)、グミクリプトスキャピタル(Gumi Cryptos Capital)など多くの投資家が参加している。

ロボットゲームズは、大人数のユーザーが同じサーバーにログインし、同じ空間でゲームをプレイする「MMO(Massively Multiplayer Online)」型のゲーム「フォリジャーとファイター(Foragers and Fighters)」を開発している企業。

同ゲームはキャラクターコレクションやデジタルアセットの所有権の機会、そして活発なユーザー生成コンテンツ(UGC)のエコシステムをサポートしていくとしている。

ロボットゲームズCEOのカート・ベアトン(Curt Bererton)氏は、2007年にジップザッププレイ(ZipZapPlay)を設立し、フェイスブックのソーシャルゲーでトップ20位になるゲームと20万以上のゲームを掲載するUGCプラットフォーム作成した経験を持つ。

今回発表にてロボットゲームズは、「ゲームはまず楽しくなければならない。多くのweb3ゲームはこのことを忘れ、堅実なゲームと経済設計を行うことができず、プレイヤーは価値のないNFTやトークンを保有したままになっている」と課題を示し、「私たちの解決策は、デジタルアセットのオプションを追加する前に、まずプレイヤーに愛される素晴らしいフリープレイゲームを作ることに集中すること。プレイヤーはweb3アセットを集めたければ集めればいいし、アセットなしでもゲームをプレイすればいい」と説明している。

a16zのジェネラルパートナーであるジェームズ・グワーツマン(James Gwertzman)氏は「私はポップカップ(PopCap)社でロボットゲームズのカート(Curt)とマチルド(Mathilde)と一緒に仕事をしていましたが、再び彼らと提携できることに感激しています。ロボットゲームズのチームは、深く、没入感のあるゲームプレイの創造に夢中になっており、そのプレイヤーファーストの考え方をweb3ゲームに持ち込んでいるのです」とリリースで伝えている。

参考:Roboto Games
images:iStocks/BadBrother
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored