ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道

ロシアが国営暗号資産取引所を設立か

ロシア議会の下院が、国営の暗号資産(仮想通貨)取引所の設立へ向けて準備を進めているとを現地メディアが11月23日に報じた。

報道によると、議員らが11月中旬に会議を開き、市場参加者と共に「デジタル金融資産に関する法律」に必要な変更について話し合ったと、下院に近い情報筋が語ったようだ。

なおその会議には財務省と中央銀行の代表者はおらず、議員らがまず市場の立場を考慮して文書を作成し、後日それを政府とロシア銀行に提出して議論する予定だという。

同国の経済政策委員会メンバーであるセルゲイ・アルトゥホフ(Сергей Алтухов)氏は「暗号資産の存在を否定することは無意味だ。問題は暗号資産が政府の規制外で大量に流通していること。暗号資産を否定することは連邦予算において数十億ルーブルの税収の損失につながる」と述べ、国営取引所設立は財政的に懸命だと強調したとのことだ。

ロシアは今年9月、米ドルやユーロ建での国際決済を回避するためにステーブルコインを活用する決済インフラ開発を進めていると報じられていた。

その際にロシアの財務省と中央銀行は、現状の経済環境を鑑みると暗号資産を活用した国境を跨ぐ決済システムが必要だと共通の理解を示しているとも伝えられていた。

また一部報道でロシア財務省と中央銀行は、国際決済における暗号資産の利用を合法化する動きが進められていると報じられている。

関連ニュース

ロシア、ステーブルコイン活用の決済インフラ開発中か=報道

バイナンスがロシアのユーザーに取引制限、140万円以上保有者へ

米財務省、ロシアのマイニング企業を制裁リストへ

EU、ロシアとベラルーシへの経済制裁を暗号資産にも拡大

ウクライナ大臣が暗号資産取引所にロシア人アドレス凍結呼びかけ、各取引所は否定的な対応

参考:Vedomosti
デザイン:一本寿和
images:iStocks/rarrarorro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ