米財務省、ロシアのマイニング企業を制裁リストへ

米財務省、露マイニング企業を制裁リストへ追加

米国財務省外国資産管理室(OFAC)が、ウクライナ侵攻に対する経済制裁逃れに関与したとして、ロシアの暗号資産マイニング企業を資産凍結の対象リストに追加したことを4月20日に発表した。

OFACの制裁リストに加えられると、該当個人または法人の米国内における財産および収益は凍結され、米国内を経由する取引を行うことができなくなる。

今回OFACはロシアを拠点とするマイニング企業ビットリバー(Bitriver)とその子会社10社をリストに加えた。ビットリバーは2017年にロシアで設立された企業であり、300MWを超えるマイニング設備を所有している。

なおマイニング企業が今回の制裁の対象となるのは初めてだ。またマイニング企業は輸入機材に依存しており、法定通貨による外国との取引も多いため、制裁の影響を受けやすいという。

OFACは今回の制裁について以下のように述べている。

「暗号資産のマイニング能力を国際的に販売する広大なサーバーファームを運営することで、これらの企業はロシアによる天然資源の収益化に貢献しています。(中略)米国は、どんなに複雑な資産であっても、プーチン政権が制裁の影響を相殺できるようなメカニズムにならないように尽力しています」

なおマイニングが制裁逃れの手段として用いられることに対する懸念について、IMFは「ビットコインマイニングが制裁下におけるエネルギー資源の現金化につながる可能性がある」と今月発表した報告書にて警告を行っている。

関連ニュース

IMF、各国に暗号資産規制強化求める

金融庁と財務省、ロシアの経済制裁回避対策を国内暗号資産取引所に要請

「Crypto. com」が国際赤十字と提携、ウクライナ支援に向け

バイナンスUS、プエルトリコで金融ライセンス取得

日本取引所グループ、「デジタル環境債」発行に向け日立製作所・野村證券・BOOSTRYと協業

参考:米国財務省
デザイン:一本寿和
images:iStock/antoniokhr・sdecoret

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored