Yuga Labs、「CryptoPunk #305」をマイアミ現代美術館に寄贈

ユガラボ、「CryptoPunk #305」をマイアミ現代美術館に寄贈

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」や「クリプトパンクス(CryptoPunks)」、「ミービッツ(Meebits)」を展開するユガラボ(Yuga Labs)が、マイアミ現代美術館(ICAマイアミ)に「CryptoPunk #305」を寄贈することを11月15日発表した。

この取り組みはユガラボの「パンクスレガシープロジェクト(Punks Legacy Project)」の第1弾となるものだ。このプロジェクトは、世界中の主要な現代美術館へ「CryptoPunk」の寄贈と設置をすることで、ポップカルチャーとアートの歴史に「クリプトパンクス」を定着させることを目指したもの。ユガラボは今後1年間世界中の美術館に「CryptoPunk」を提供していくとしている。

また「CryptoPunk #305」が提供された理由は、マイアミの市外局番が「#305」であるからとのこと。

なお「CryptoPunk #305」は12月3日から年末まで展示されるとのことだ。

ユガラボの共同創設者であるグレッグ・ソラノ(Greg Solano)氏は「ユガラボの共同設立者であるワイリー・アロノウ(Wylie Aronow)と私は、マイアミで生まれ育ちました。私たちの目標の1つは、この都市全体に投資することです。私たちの故郷であるICAマイアミでパンクスレガシープロジェクトを開始し、私たちのコミュニティや市外局番を反映したパンクを発表できることを嬉しく思います」とコメントしている。

なおユガラボは10月、マイアミの芸術と教育イニシアチブを支援するために100万ドルを利用することを発表している。このプログラムは「ベンチャーマイアミ奨学金基金(Venture Miami Scholarship Fund)」への30万ドルの寄付から開始しているとのことだ。

関連ニュース

クーコインがNFT分割所有トークン「NFT ETF」販売、BAYCやクリプトパンクスなど

クリプトパンクのNFTアート、クリスティーズにて約18.5億円で落札

CryptoPunk5822、シリーズ最高額約27億円で取引

マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

米マイアミ市NFT販売へ、TIME・マスターカード・セールスフォースと提携

参考:ユガラボ
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ