Devcon5開催地が大阪に、BTC価格が5月12日に80万円台に、HTCがビットコインのフルノードとなるスマホ発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ビットコインの価格が5月12日に80万円台に

・ビットコインの価格が5月12日に80円台まで高騰した

・5月13日午前10時の時点でも70万円台後半を維持している

・価格の急激な高騰の際には詐欺なども増えるのでご注意を

2019年10月に世界最大のEthereum開発者カンファレンス「Devcon」の開催地が大阪に決定

・世界最大のEthereum開発者カンファレンスである「Devcon 5」の開催地が大阪に決定したことを、Ethereum財団のアドバイザーを務める宮口 綾氏が5月10日にイーサリアルで公表した

・開催日は2019年10月8日から10月11日の4日間

・同ステージで宮口氏はEtheruem財団が今後12ヵ月のうちに、3000万ドル(約33億円)を様々なプロジェクトに投資していく意向であることを明らかにした

・投資するための選定基準は、①チームが取り組んでいる課題はどれほど社会にとって重要か②解決策はどれだけユニークか③助成金は2次効果を生み出すか④問題はどの程度緊急か、としている

HTCがビットコインのフルノード機能を搭載したスマートフォンを発表

・台湾のHTCがビットコインのフルノード機能を搭載したスマートフォン「Exodus 1s」をニューヨークで開催されたMagical Crypto Conferenceで発表した

・HTCは昨年10月にブロックチェーン技術を採用したスマートフォン「Exodus 1」を発売しており、今回はその後継機となる(ともにandroid OS)

・価格は250ドル~300ドル(日本円で27,000円~33,000円)を予定している

・ユーザーはフルノードをデバイスにもつことで、自らトランザクションの検証ができるようになる

バイナンスが火曜日に入出金再開を発表

・先日7000BTCのハッキングで現在入出金を停止しているバイナンスが、5月13日1時14分に公式ブログを更新

・ブログでの発表によると火曜日に入手金を再開するとのことで、具体的なタイムゾーンや時間についてはまだ公開されておらず、テスト状況を見て明日追って公開されるとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock,brichuas)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した