マイクロソフトがビットコインのブロックチェーン上でデジタルID管理ができるシステム開発へ、Flexaのウォレット「SPEDN」を米大手企業15社が受け入れなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

マイクロソフトがビットコインのブロックチェーン上で個人がデジタルIDを管理できる分散型システムを開発へ

・Microsoftが個人データを管理するための分散型システム「ION(Identity Overlay Network)」の開発を進めていくことが、同社のブログによって明らかになった

・今後数カ月以内にビットコインのメインネット上でパブリックローンチを行う予定

・IONは、個人情報の分散化と自己所有を促進するためにマイクロソフトがオープンソースの開発者と共に開発を行うプロジェクトで、個人情報としては、「メールアドレス、ログイン情報」などの「デジタルID」情報をビットコイン・ブロックチェーン上で管理していく

Flexaが仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」の提供を限定的に開始したことを発表、米大手企業15社が受け入れ

・米企業Flexaが仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」の提供を限定的に開始したことをニューヨークで開催されているコンセンサス2019にて発表

・SPEDNはホールフーズ・マーケットやバスキン・ロビンスをはじめとした米大手企業15社が受け入れ、これにより今後は店舗で直接仮想通貨で支払いが可能になる

・年末までにはSPEDENアプリを介して約100店舗でビットコインやその他の仮想通貨での支払い対応がされる見通しとのこと

・また、合わせて仮想通貨取引所Geminiとの提携を発表、Geminiよりカストディサービスを受けると共に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ジーキャッシュ、ジェミナイドルの取り扱いを開始した

Bakktが7月にもビットコイン先物取引のテストを開始予定

・NY証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)が手がけるBakktはビットコイン先物提供に向たテストを7月に実施する予定であると公式ブログで発表

・ビットコインの先物契約は、リスク管理のための当初証拠金担保および変動証拠金の回収を含め、ICE Clear USによって統合される予定である

グロービス経営大学院が日本初の「ブロックチェーン技術による修了証明書」発行へ

・グロービス経営大学院が2019年7月からグロービス経営大学院の日本語MBAプログラムの卒業生向けに、ブロックチェーン技術による修了証明書発行を試験的に開始と発表

・文部科学省が認可し学位を授与する教育機関が、ブロックチェーン技術を活用し修了証明書を発行することは、グロービス経営大学院が日本で初となる

・今回の取り組みは、ブロックチェーン証明書発行システムを展開する、株式会社Credentia Blockchain Technologies及びグロービス経営大学院2016期生、関根孝一氏と協働し実施。グロービス経営大学院が、卒業生の情報を元に、Credentia社のシステムを用いてブロックチェーン修了証明書を発行。暗号化された修了証明書の情報はブロックチェーンに記録され、内容の改ざんができない

・この修了証明書は、卒業生がデータとしてスマホアプリやパソコン内で保管でき、卒業生はスマホアプリや認証サイトを通じてブロックチェーンにアクセスし、修了証明書の真正性を証明することができる

・また、修了証明書はデータで送付できるため、海外にいる卒業生でも、発行の申請後、即座に修了証明書を手にすることが可能になる

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。