Blockstream「Liquid Network」に日本のDMM Bitcoin、エイベックスがブロックチェーン技術を活用する新会社を設立などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Blockstreamの取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」に日本のDMM Bitcoin、Huobi、TaoTaoなど14のメンバーが新加入

・取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」を開発・運営するBlockstreamがLiquid Networkに新たに14のメンバーが加わったことを発表

・日本の仮想通貨交換所であるDMM Bitcoin、Huobi、TaoTaoも新規参加し、これで35社がネットワークに参加となる

・Liquid Networkは全世界の各仮想通貨取引所、マーケットメイカー、ブローカーおよび各金融機関を接続するビットコインのサイドチェーンを使った取引所間決済ネットワーク。高速で機密かつセキュアなビットコイン送金をネットワークのメンバー間で可能にする一方、これらの機能をIssued Assets(IA)の形で広範なアセットにもたす

・ネットワークはフェデレーテッドメンバーによって運用・管理され、システムに単一障害点がないことを確保されている

ベラルーシのトークン化証券取引所が国債の提供を開始

・ベラルーシのトークン化証券取引所Currency.comが同国の国債をトークン化して提供を開始することを発表

・これによりユーザーはフィアットマネー(法定通貨)、もしくはビットコイン、イーサリアムで国債への投資ができる

・国債は1口=1トークン、1トークンは米ドルで1,000ドル(約11万円)、年間4.2%の利回りで252口からの販売となる

藤巻議員から日本銀行黒田総裁への質問内容と総裁の仮想通貨(暗号資産)に関する見解

・日本維新の会の藤巻健史議員はが9日に行われた「参議院財政金融委員会」で、暗号資産や財政政策について、黒田日銀総裁に質問

・質問内容は、暗号資産をどう考えるか、MMTと異次元緩和は同じものか、株式と国債の両市場で日銀がモンスターなのは計画経済そのものではないか、日銀の国債爆買いで長期金利が上昇せず財政赤字に対する危機感を喪失させているのではないか等

・黒田総裁はその暗号資産に関する質問に対し、「暗号通貨は法定通貨ではない、値動きも激しいので、支払い手段には使えない。だから、通貨と呼んでおらず資産と呼ぶ。世界各国の中央銀行でも、同じ考えをしている」といった趣旨の回答をした

エイベックスがブロックチェーン技術を活用する新会社を設立

・エイベックス株式会社が100%持ち株会社として、「エイベックス・テクノロジーズ株式会社」を5月14日付けで設立することを発表

・設立の目的として、テクノロジーの進化に伴う新たなIP(知的財産権)創造のあり方に呼応し、エイベックスグループにおけるIPを軸としたデジタルトランスフォーメーションに寄与すること。とのこと

・新会社の主な事業内容として、クラウド及びブロックチェーン技術を用いたIP(ゲーム、映像、音楽及びVR等)並びにシステムの企画、開発、制作及び販売 等としている

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock,berya113)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。