double jump. venturesが韓国ブロックチェーンゲーム「EPIC LEAGUE」に出資、ポリゴンやIVSらも参加

ダブルジャンプが韓国のブロックチェーンゲーム会社へ出資

double jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「double jump.ventures」が、韓国エピックリーグ(EPIC LEAGUE)の資金調達ラウンドに出資参加したことを10月27日発表した。

エピックリーグは韓国のブロックチェーンゲーム開発企業。今年9月にリリースしたハック&スラッシュアクションRPG「Dark Throne(ダークスローン)」を提供している。なお同ゲームには現在マーベルとDCコミックのカバーアーティストとして活躍するイ・ジヒョン氏(ArtStation-Jeehyung Lee)がアートディレクターとして参加している。

エピックリーグによる資金調達は戦略およびプライベートラウンドによるもの。調達額は540万ドル(約7.9億円)で、13日に調達完了が伝えられていた。

またこの資金調達に参加したのはダブルジャンプの他に、グローバルゲーム業界最大級のベンチャーファンドのグリフィンゲーミングパートナーズ(Griffin Gaming Partners)やゲーム向けエコシステムファンドのゲームセブンダオ(Game7 DAO)、ポリゴン財団のポリゴンベンチャーズ(Polygon Ventures)、韓国の大手ゲームパブリッシャーであるネットマーブル(Netmarble)とネオウィズ(Neowiz)、インフィニティベンチャーズ(INFINITY VENTURES)、YGG SEA、サンドボックス(The SANDBOX)らの名前があがっている。

ダブルジャンプトウキョウは今回の出資について「お互いのノウハウを活かしたゲームの共同開発や、お互いの国でのマーケティングなどの連携について期待している」と述べている。

関連ニュース

【取材】ダブルジャンプ、web3ファンド発表 

【取材】ダブルジャンプ、約30億円を株式で調達 

DMMがブロックチェーンゲーム開発開始、Oasys採用で来夏販売へ 

【取材】キャプテン翼のブロックチェーンゲーム、ThirdverseとBLOCKSMITHが年内ローンチへ、2種のトークン発行 

ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys(OAS)」、メインネット第1フェーズ実装 

参考:エピックリーグ
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored