ロビンフッドにアーベ(AAVE)とテゾス(XTZ)上場

ロビンフッドにAAVEとXTZ上場

米国で人気の投資アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」が、暗号資産(仮想通貨)アーベ(AAVE)とテゾス(XTZ)の取り扱い開始を10月24日に発表した。

両銘柄は既に「ロビンフッド」のアプリ上で売買可能となっている。

今回の上場で「ロビンフッド」は合計19銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在はAAVEとXTZに加え、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインSV(BSV)、イーサリアムクラシック(ETC)、コンパウンド(COMP) 、ポリゴン(MATIC)、ソラナ(SOL)、シバイヌ(SHIB)、チェーンリンク(LINK)、ユニスワップ(UNI)、アバランチ(AVAX)、ステラルーメン(XLM)、カルダノ(ADA)、USD Coin(USDC)がロビンフッドに上場している。

また今年9月から「ロビンフッド」は、独自web3ウォレット「Robinhood Wallet」のベータ版を提供開始している。

「Robinhood Wallet」は、ノンカストディアル(セルフカストディ)型のウォレットアプリとして新たに提供されたウォレットの為、今まで「ロビンフッド」内で提供されていたウォレットとは別のものとなっている。

また同ウォレットでは、初めにポリゴン(Polygon)ブロックチェーンからサポートを開始している。なお同ウォレットは、5月に公開されていたウェイティングリストに参加したユーザーを対象に提供されたとのこと。

関連ニュース

米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で

ロビンフッドが「USDC」取扱い開始、初のステーブルコイン

ロビンフッドにカルダノ(ADA)上場

ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ

ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場


参考:ロビンフッド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored