LCNEMがステーブルコインとライトニングネットワークを組み合わせた新サービス発表、マイクロソフトやEEAらが「Token Taxonomy Initiative」組成などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

LCNEMがステーブルコインとLightning Networkを組み合わせた新サービスを発表

・LCNEMがステーブルコインとLightning Networkを組み合わせた新サービスを発表

・ユーザーはこの新サービスである、LCNEM Chequeを使うことによって、Bitcoin Lightning Network払いをできるようになる

・LCNEMは現在このシステムとAPIを開発しており、9月中の公開を目指している

匿名技術を提供する企業BoltLabsがリップル・Zキャッシュなどから150万ドルの資金調達

・ブロックチェーンの匿名技術に力を入れているスタートアップ企業のBoltLabs社が180万ドルの出資を受けたことが明らかに

・投資にはDekryptCapitalが主導し、リップルの投資機関であるXpring、Zキャッシュの開発会社Electric Coin Company、Lemniscap、Access Ventures、Kilowatt Capital、Branson Bollingerが関わった

・Bolt LabsはZキャッシュを基盤としたゼロ知識証明やブラインド署名などの匿名技術を使った決済システムを構築をしている企業で、現在はレイヤー2の技術向上に力を入れている

・Bolt LabsのBoltプロトコルはライトニングネットワークに着想を得て作られており、匿名技術はさらに強化される

・フォーブスによるとElectronic Coin CompanyのCEO、Zooko Wilcox氏がBolt Labsに助言するかたちで、本年夏にはZキャッシュにてBoltプロトコルの実証実験を行い、2020年の第1四半期に開始される予定とBoltLabsCEOのAkinyeleがコメントをしている

MicrosoftとEEAが中心となり、ブロックチェーンでのビジネスデザインやトークン設計を推進するための「Token Taxonomy Initiative」を組成したことが明らかに

・The Enterprise Ethereum Alliance (EEA) と Microsoftが中心となって、Token Taxonomy Initiativeを組成したことが明らかに

・企業がニーズとして持っている、ブロックチェーンを活用したビジネスデザインやトークン設計を推進していくことを目的としている

・Token Taxonomy Initiativeに参加している企業は Accenture、anco Santander、Blockchain Research Institute、Clearmatics、ConsenSys、Digital Asset、EY、IBM、ING、Intel、J.P. Morgan、Komgo、Microsoft、R3、and Web3 Labsなどが挙げられている

国内初NFTのマッチングプラットフォーム”bazaaar”の新規アセット掲載

・BlockBase株式会社のサービスである「Bazaaar」は、ブロックチェーン上に発行されているNFT(Non-Fungible Token)の保有者が、アイテムの交換・売買などを行う相手先を見つけるためのプラットフォームである

・その「Bazaaar」で新たに、CryptoKitties(クリプトキティーズ)Crypto-Oink (くりぷ豚) My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)のゲーム内で扱われているアセットが交換できるようになった

次世代型SNS「FiNANCiE」新たにヒーローが5名参加

・株式会社フィナンシェが提供するSNS「FiNANCiE」にヒーローが新たに5名参加をしたことを発表

・今回はオルゴールアーティスト・日本活性化仕掛け人・料理人・プロゲーマー・「オーエンズ」運営会社社長が新たなヒーローとしてFiNANCiEに参加した

・昨日17日より5人のヒーローカードの初期オークションが開始

消費者庁が暗号資産に関する注意喚起資料、詐欺などに関する相談を更新

・消費者庁が、消費者庁・金融庁・警察庁からの注意喚起資料である「暗号資産(仮想通貨)に関するトラブルにご注意ください!」を更新した

・更新内容は国際的な動向等を踏まえ、「仮想通貨」を「暗号資産(仮想通貨)」に記載を修正するとともに、「仮想通貨交換業の導入に便乗する詐欺などに関する相談」に相談事例を新たに5項目追記した

・消費者庁リンク 「暗号資産(仮想通貨)に関するトラブルにご注意ください!」

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

double jump.tokyoがMCH Coin上場に向け新会社設立、DBS銀行が企業向けデジタル監査確認ソリューション提供、dYdXが1,000万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」運営のdouble jump.tokyoが「MCH Coin」の取引所上場に向け新会社を設立、シンガポールのDBS銀行が企業向けにデジタル監査確認ソリューションを提供、分散型暗号資産(仮想通貨)取引所(DEX)dYdXがシリーズBラウンドで1,000万ドル(約10億3,000万円)の資金調達、ナスダック上場のオーバーストックがブロックチェーン特化の子会社ファンドを米ペリオン・ベンチャー・パートナーズと統合へ、マイニング大手のビットメイン(Bitmain)の共同創業者であるジハン・ウー(Jihan Wu)氏が会長退任、伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す、日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す

イタリアの大手決済システムプロバイダーSIAがイタリアのブロックチェーンスタートアップ企業ウィズキー(WizKey)と提携し、クレジット商品の取引が可能なプラットフォームの立ち上げを目指すことを1月26日に発表した