三菱UFJグループが米チェイナリシス社に出資、SBI取引所がBCH取り扱いを廃止予定、ブロックチェーンを使った「Famiee」プロジェクト始動などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

三菱UFJグループ投資ファンドが仮想通貨のコンプライアンスツールを開発する米チェイナリシス社に出資

・株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社である株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズが、運営ファンドである三菱UFJイノベーション・パートナーズ 1号投資事業組合を通じた、Chainalysis, Inc.(チェイナリシス社)への出資を発表

・チェイナリシス社は、ニューヨーク拠点の仮想通貨領域におけるコンプライアンス技術やツールを提供する企業

・チェイナリシス社のコンプライアンス技術は、金融機関が次世代のコンプライアンス態勢を構築するにあたり、求められる仮想通貨分野におけるマネーローンダリング対策において重要なものとなり、MUFGとチェイナリシス社はこの出資により、戦略的な関係を強化し日本およびアジア太平洋地域における仮想通貨領域の健全な発展を後押しする意向

・またこの出資によってチェイナリシス社はアジア太平洋地域でのオフィス開設を検討するとのこと

SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュの取り扱いを廃止

・SBIグループ100%子会社で仮想通貨交換業のSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社がビットコインキャッシュの取り扱いを6月下旬に廃止する予定を発表

・取り扱いの廃止理由については①BCH の時価総額が大幅に減少したこと②その結果、51%攻撃などブロックの記録に不正な取引を配信する可能性が高まり、ブロックチェーンの安全性に疑義が生じていると判断したこと③さらなるハードフォークが行われ、価格が大きく下落する可能性を完全には否定できないこと、以上3つを挙げている

・顧客へのBCHの返還については、「4 月下旬を目処に、顧客による BCH の売却を通じた換金の開始」と 「5 月下旬を目処に、顧客が管理するSBIの指定ハードウエアウォレット(CoolXWallet)へBCH 出庫を開始」をするとのこと

・なお、昨年 11 月のハードフォーク発生時のBCH保有者が取得すべきであった、BCHSVに相当する対価については金銭で交付予定。換算レートや金銭の支払日などの詳細は4 月下旬を目途に改めて告知をする予定

BlockStackがアメリカSEC Regulation A+を基に、資金調達のための書類をSECに提出

・BlockStackがSECの規制基準であるSEC Regulation A+を通して、$50millionの資金調達をするための書類をSECに提出

・BlockStackはこれまでの資金調達の過程で、$50millionを SEC R gulation Dのもと UnionSquareVentures、YCombinator、LuxCapital、NavalRavikantなどからファンドレイズしている

・今回の資金調達をもとに、分散型コンピューティングシステムと自社アプリのさらなる開発を促進していくとのこと

株式会社ホットリンクがブロックチェーンを活用したパートナーシップ証明書の発行「Famiee」プロジェクト始動を発表

・株式会社ホットリンク代表取締役会長の内山幸樹氏を発起人とした有志一同が、ブロックチェーンを活用した「Famiee」プロジェクトの始動を発表した

・「Famiee」は、地方自治体が発行するパートナーシップ証明書に相当するブロックチェーン技術を活用した証明書「カップル宣誓書」を民間で発行し、多様な家族形態が認められる社会の実現を目指すプロジェクト

・4月28日、29日に開催される東京レインボープライド2019にて、「二人の誓いを永遠に刻もう!」をテーマに、「カップル宣誓書」の発行サービスを展示する

Binanceの2019年第1四半期の利益が、66%増の7800万ドルであることが明らかに

・Binanceの2019年第1四半期の利益が、「The Block」のリサーチで前年度第4四半期66%増の7800万ドルであることが明らかになった

・TheBlockは、BinanceのBNBのBurnの仕組みから利益を算出

・Binanceは合計1億BNBをBurnしていく予定で、四半期ごとに純利益の20%を使ってBNBをBurnしている

・第1四半期のBurnされたのが83万BNBであることから、今回の算出結果となった

金融庁が仮想通貨交換業者に対し「コールドウォレット」管理社内規則の厳格化を指示か、ロイターが関係者取材での報道

・現状でも金融庁や自主規制団体の仮想通貨交換業協会は仮想通貨交換業者に対して、ホットウォレットではなく資産のコールドウォレット管理を推奨している

・ただし、これによってホットウォレットでの管理からコールドウォレットで管理する仮想通貨が相対的に増えたことで、内部者による不正引き出しのリスクが浮上している状況にある

・ロイターの関係者への取材によると、金融庁が業者を調査したところ、一部の業者で担当者を定期的に交代させるなどのルールがなかったことが分かったとのこと。そのため金融庁は問題があった業者に改善を求めていると報道されている

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ヒュンダイがブロックチェーンでの中古車両情報追跡PF開発を計画、サムスンがブロックチェーン開発とトークンの発行を検討かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ヒュンダイがブロックチェーン市場に参入、中古車両情報追跡のプラットフォーム開発を計画、サムスンがイーサリアムでのパブリックブロックチェーンの開発とトークンの発行を検討か、株式会社digglueがBaaS特化型情報サイト「BaaSinfo!」をオープン、近畿大学・大阪商工会議所・関西情報センターが連携して、ブロックチェーン教育プログラム「BLOCKCHAIN Teck MEETUP OSAKA」を開催

三菱総研が地域コイン社会実験検証結果を発表、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」提携しビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱総合研究所が地域コインの社会実験を実施し、地域商品券事業への適用可能性とその効果検証の結果発表、ALISが企業向けのブロックチェーン事業参入コンサルティング・開発支援を開始、金融庁がフォビジャパンとフィスコに立ち入り検査か、マネックス証券がコインチェックと連携し、マネックスポイントを仮想通貨と交換できるサービスを開始、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」が提携し、ビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ」開始

ふくおかFGのiBankマーケティングがブロックチェーンの地域ポイント本格稼動、サスメドのBCの臨床データのモニタリングシステム実証実験がサンドボックス制度認定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ふくおかフィナンシャルグループのiBankマーケティングが、ブロックチェーンでの地域ポイントサービスの本格稼動、経済産業省が「規制のサンドボックス制度」案件として、サスメドのブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステムに関する実証実験を認定、Seamico Securities DigitalがタイでICO免許を取得。今年の夏までにTezos Public chainでトークン発行予定、仮想通貨にも対応したVisaプリペイドカード「Pollet(ポレット)」に約1分で発行可能なバーチャルカードが登場。10%増量キャンペーンも開催、米スタートアップMOONでライトニングネットワークを使用してAmazonで買い物ができるサービスを開始、G20福岡で仮想通貨規制を含めた策定書作成の議論開始が明らかに

MUFGと米アカマイが事業会社設立、フォルクスワーゲンがブロックチェーン活用グループ組成、IndieSquareがBC間で暗号資産を転送する「HAZAMA」開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイテクノロジーズが新たに事業会社「Global Open Network Japan 株式会社」設立、フォルクスワーゲングループが鉱物のサプライチェーンにIBMブロックチェーンを活用するグループを組成、セレーナウィリアムスが経営するVCがCoinbaseに出資していることが明らかに、株式会社IndieSquareがブロックチェーン間で暗号資産を転送するシステムを開発仮想通貨取引所ザイフが株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業承継業務が終了 MONAの現物取引を再開

米コインベースが新たに11カ国で仮想通貨交換サービス開始、「Binance Chain」4月23日メインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインヘイブ事件のモロ氏の寄付募集開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米コインベースが仮想通貨ペア交換サービスを11カ国で展開開始、サービス提供地域は53カ国に、バイナンスの「Binance Chain」が4月23日にメインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインハイブ事件モロ氏の弁護士費用の寄付募集開始、ペイパルがクリプトジャックを防御する技術の特許を取得、テレグラムのTON Labsとドイツのペイメント企業Wirecardが共同で分散型プラットフォームを作り上げることが明らかに

LCNEMがステーブルコインとライトニングネットワークを組み合わせた新サービス発表、マイクロソフトやEEAらが「Token Taxonomy Initiative」組成などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LCNEMがステーブルコインとLightning Networkを組み合わせた新サービスを発表、匿名技術を提供する企業BoltLabsがリップル・Zキャッシュなどから150万ドルの資金調達、MicrosoftとEEAが中心となり、ブロックチェーンでのビジネスデザインやトークン設計を推進するための「Token Taxonomy Initiative」を組成したことが明らかに、国内初NFTのマッチングプラットフォーム”bazaaar”の新規アセット掲載、次世代型SNS「FiNANCiE」新たにヒーローが5名参加、消費者庁が暗号資産に関する注意喚起資料、詐欺などに関する相談を更新

バイナンスがBitcoinSVの上場廃止発表、取引所「楽天ウォレット」が新規口座開設申込受付開始、マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスがBitcoin SVの上場廃止を発表、仮想通貨取引所「楽天ウォレット」が新規口座開設申込受付を開始、マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期、FLOCブロックチェーン大学校が無償提供する新テクノロジー講座が4月にも開催

コインチェック大口OTC取引にETHとXRPが追加、マジックリープがブロックチェーンエンジニア募集、IMFと世界銀行が独自仮想通貨の利用実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

コインチェックが大口OTC取引の対象通貨に「ETH」「XRP」を追加、Binance Lab初代grantに「Ironbelly,HOPR,Kitsune Wallet」が採択、AR Techのスタートアップ「Magic Leap」がブロックチェーンエンジニアを募集していることが明らかに、IMFと世界銀行が独自の仮想通貨の利用実験を開始したことが明らかに、FXcoinがSBIグループからの出資受け入れ

フィスコのZaifが相場を利用して仮想通貨の購買を煽る不適切な情報発信を謝罪と撤回、Firefoxがクリプトジャックをブロックする機能を搭載などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フィスコのZaif(ザイフ)が相場を利用して仮想通貨の購買を煽る不適切な情報発信を謝罪と撤回、ガートナーが日本国内企業のブロックチェーンに関する意識調査の結果発表、ブロックチェーン技術を活用、離島に特化した参加型メディア「リトロコ」がオープンベータ版をリリース、Firefoxがクリプトジャックをブロックする機能を最新版にてリリース