米コインベースが新たに11カ国で仮想通貨交換サービス開始、「Binance Chain」4月23日メインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインヘイブ事件のモロ氏の寄付募集開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

米コインベースが仮想通貨ペア交換サービスを11カ国で展開開始、サービス提供地域は53カ国に

・米国大手仮想通貨取引所のコインベース (Coinbase)が仮想通貨ペア交換サービスの提供地域に11カ国を追加したと発表

・新たにサービス開始したのはアルゼンチン、メキシコ、ペルー、コロンビア、チリ、インド、香港、韓国、インドネシア、フィリピン、ニュージーランドの11カ国。これでサービス提供地域は53カ国になる

バイナンスの「Binance Chain」が4月23日にメインネットローンチ

・仮想通貨取引所バイナンスが4月18日に独自チェーン「Binance Chain」のジェネシスブロック生成に成功したと発表

・なお、メインネットへのスワップは4月23日予定と告知されている

・スワップされれば「Binance Dex」の提供が開始される予定だ

日本ハッカー協会がコインハイブ事件モロ氏の弁護士費用の寄付募集開始

・一般社団法人日本ハッカー協会が4月18日にCoinhive事件で一審無罪で検察による控訴中のモロ氏への弁護士費用の助成のための寄付募集を開始

・寄付は同協会の銀行口座への振り込み、Bitcoin(BTC)、Monacoin(MONA)やPaypayの利用が可能

・モロ氏は募金情報の詳細サイト上で、「新しい技術を「ユーザーが知らない=意図しない」と解釈するのなら、数えきれないほどの革新的な技術が失われてしまいます。何より、今回のような技術者を萎縮させることが目的とさえ取れるやり方を受け入れることはできません。どうかご助力のほどよろしくお願いいたします。」とコメントを掲載

ペイパルがクリプトジャックを防御する技術の特許を取得

・ペイパルがクリプトジャックなど悪意あるマルウェアを検出し、その影響を軽減する技術の特許を取得した

・最初に出願したのは2016年9月で、4月16日に米国特許商標庁(USPTO)によって授与された

・特許のなかで「ランサムウェアがコンピューター上で動作していることを検出することによって(たとえば、元のデータと異なるキャッシュレイヤのコンテンツを相関させることにより)、ランサムウェアの悪影響を軽減または回避できる。」と説明している

テレグラムのTON Labsとドイツのペイメント企業Wirecardが共同で分散型プラットフォームを作り上げることが明らかに

・Telegramが運営するTON Labsとドイツのペイメント企業Wirecardが共同で分散型プラットフォームを作り上げることが4月17日のWirecard社のプレスリリースによって明らかに

・Telegramが既に抱えているユーザーとWirecardの技術力を合わせて、両社はこのプラットフォームをよりスケーラブルでユーザーの多い分散型プラットフォームにしていく狙い

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。

米VCが2020第3Qに暗号資産とBCスタートアップへ約956億円投資、EveripediaとChainlinkがAP通信の米大統領選データをBC上で記録可能になどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米ベンチャーキャピタルが2020年第3四半期に暗号資産・ブロックチェーン領域のスタートアップへ約956億円を投資、分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に、前澤友作氏の電子決済新事業に暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットCTO白石陽介氏が参画か

分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

EOSブロックチェーン上の分散型アプリケーションサービス(Dapps)エブリペディア(Everipedia)が分散型オラクルネットワークを提供するチェインリンク(Chainlink)と協力し、アメリカ国内の放送局や新聞社の協同組合であるAP通信が報道するアメリカ大統領選挙結果をブロックチェーン上に記録できるようにすることを10月16日に発表した。