モバイルファクトリー子会社ビットファクトリーがIEO検討開始、GMOコインで

ビットファクトリーがIEO検討開始

モバイルファクトリーの100%出資子会社であるビットファクトリーが、国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインでのIEO実施に向けた検討開始を10月18日発表した。

GMOコインでは今年5月に「FC琉球」発行の「FCRコイン(FCR)」のIEOを実施し、その後第2弾として、ライブ配信アプリPalmu(PLM)の来夏IEO検討開始を発表していた。

今回の発表によると、両社はIEOによる資金調達に向けた新規暗号資産販売検討に関する覚書を締結。ビットファクトリーはIEOにて「QYSコイン」の新規上場を目指すとのこと。なお実施目標の日程は明かされていない。

ビットファクトリーは2020年にリリースした全国9,000ヶ所以上ある駅を対象とした位置情報連動型ゲーム「駅メモ! Our Rails(アワメモ!)」や、NFTマーケットプレイス「ユニマ」を運営している。なお「ユニマ」では「アワメモ!」と連携し、同ゲーム内の駅をNFTにして販売する取り組みなども行っている。

ビットファクトリーは「QYSコイン」の発行目的を「次世代のエンターテインメント市場を形成すること」としている。暗号資産となる「QYSコイン」を誰にでも扱いやすいサービスを通じて、課金して終わり、消費して終わりにならず、利用者一人ひとりの有形無形を問わない財産として活用していくとのことだ。

IEOとは

IEO(Initial Exchange Offering)とはトークンによる資金調達を暗号資産取引所が支援し、具体的には主体となって発行体のトークンを販売するモデルのことだ。

国内においてIEOを実施したのは、Hashpalette(ハッシュパレット)によるコインチェックでのパレットトークン(Palette Token/PLT)と、サッカーJ2リーグに加盟する「FC琉球」によるGMOコインでの「FCRコイン(FCR)」となっている。

関連ニュース

GMOコイン、Lightのライブ配信アプリ「Palmu(PLM)」のIEO検討開始

GMOコイン、J2「FC琉球」のIEO募集開始

日本円でNFTを買取、モバイルファクトリーが「ユニマNFT買取(β版)」サービス開始

女優のん、NFT発行し収益を東北に寄付。NFTマーケットプレイス「ユニマ」事業戦略説明会レポ

参考:モバイルファクトリー
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した