日本円でNFTを買取、モバイルファクトリーが「ユニマNFT買取(β版)」サービス開始

モバイルファクトリーが「ユニマNFT買取(β版)」サービス開始

モバイルファクトリーと同社子会社のビットファクトリーが、NFTの買取サービスを11月11日より開始した。両社は今年7月に国内で、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の提供している。

今回発表された『ユニマNFT買取(β版)』サービスは、文字通り一般ユーザーが所持するNFTを日本円で買い取るサービスだ。希望者は専用フォームに必要情報を入力するだけで、申し込みが可能。審査、査定の上、買取が成立した申請に関してはNFTマーケットプレイスや取引所を介さずに、手間を最小限に抑えて、NFTを売却できるという。

同社らは日本国内でのNFTの普及に関して「NFT取引の流動性の確保が、今後のNFT市場の拡大には不可欠」と考え、今回のサービス開始に至ったとのことだ。保有しているNFTを取引するハードルを下げるために「ユニマ」の関連サービスとして、日本円でNFTを買い取るサービスを開始したとのことだ。

なお発表では、買取対象となるNFTコレクションの例として、Hashmasks、CryptoPunks、Bored Ape Yacht Club、The Sandbox、CryptoSpells、Sorare、アイドルNFTトレカが挙げられている。

なお「あたらしい経済」が同社に取材したところ「これらは例であり、イーサリアムなどのブロックチェーンにちゃんと履歴があり、お客様自身のweb3ウォレットにお持ちのNFTであれば、買取審査をさせていただく予定」とのことだった。

またモバイルファクトリー、ビットファクトリーではNFT買取サービスに加え、イーサリアムなどの暗号資産を一定金額保有し、NFTの入札・購入・再販売を行い、NFTの国内外の流動性を高めることを目的とした新たな取り組みを検討しているとのことだ。

モバイルファクトリー深井未来生氏にインタビュー

あたらしい経済は、今回NFT買取サービスを発表したモバイルファクトリー 取締役COO・ビットファクトリー 代表取締役の深井未来生氏を取材。同社が買取サービスを開始した理由、マーケットプレイスの今後のアップデート、そしてどのようにこれから日本のNFT市場を盛り上げていきたいかなどについて訊いた。

→インタビューはこちら

 

参考:「ユニマNFT買取(β版)」
Image:iStock/sdecoret・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事