ツイッター、暗号資産専門部門「Twitter Crypto」設立

ツイッター、「Twitter Crypto」設立

ツイッター(Twitter)が暗号資産やブロックチェーン技術の専門部門「ツイッター・クリプト(Twitter Crypto)」を立ち上げることが11月11日に分かった。この部門を率いるテス・リネアーソン(Tess Rinearson)がツイートしたことで明らかになった。

リネアーソン氏は過去にInterchain Foundationでエンジニアリング担当副社長として、コスモス(Cosmos)などブロックチェーンネットワークのオープンソース・インフラストラクチャを構築するチームを率いていたとのことだ。

また最初のキャリアでは、Mediumでソフトウェアエンジニアを務めていた。

ツイッター・クリプトはツイッター社の暗号資産やブロックチェーン領域の全ての業務を担っていくとのことで、さらにジャック・ドーシー(Jack Dorsey)主導の分散型ソーシャルメディア・プロジェクト「ブルースカイ(Bluesky)」チームと密接に協力していくとのことだ。

まずツイッター・クリプトは分散型アプリ(Dapps)を使用してバーチャルグッズやデジタル通貨を管理し、クリエイターやコミュニティをサポートしていき、今後の方針を決めていくとのこと。そしてその後は、ID、コミュニティおよび所有権(オーナーシップ)の領域での役割も検討していくとのことだ。

7月のオンラインイベントでジャック氏「ビットコインが創業前にあればツイッターは今と違った」と発言している。

その後ツイッターは9月末に投げ銭機能「Tips」公開しビットコインや現金に対応した。またツイッターでユーザーのプロフィール画像に、そのユーザーが保有するNFTに紐づいた画像を、認証し表示する機能をテストしていることも明らかになっている。

今後、専門部門が出来たことで、ツイッターにおいて暗号資産やブロックチェーンのさらなる活用が進むのではないだろうか。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sundry-Photography・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論