ツイッター、暗号資産専門部門「Twitter Crypto」設立

ツイッター、「Twitter Crypto」設立

ツイッター(Twitter)が暗号資産やブロックチェーン技術の専門部門「ツイッター・クリプト(Twitter Crypto)」を立ち上げることが11月11日に分かった。この部門を率いるテス・リネアーソン(Tess Rinearson)がツイートしたことで明らかになった。

リネアーソン氏は過去にInterchain Foundationでエンジニアリング担当副社長として、コスモス(Cosmos)などブロックチェーンネットワークのオープンソース・インフラストラクチャを構築するチームを率いていたとのことだ。

また最初のキャリアでは、Mediumでソフトウェアエンジニアを務めていた。

ツイッター・クリプトはツイッター社の暗号資産やブロックチェーン領域の全ての業務を担っていくとのことで、さらにジャック・ドーシー(Jack Dorsey)主導の分散型ソーシャルメディア・プロジェクト「ブルースカイ(Bluesky)」チームと密接に協力していくとのことだ。

まずツイッター・クリプトは分散型アプリ(Dapps)を使用してバーチャルグッズやデジタル通貨を管理し、クリエイターやコミュニティをサポートしていき、今後の方針を決めていくとのこと。そしてその後は、ID、コミュニティおよび所有権(オーナーシップ)の領域での役割も検討していくとのことだ。

7月のオンラインイベントでジャック氏「ビットコインが創業前にあればツイッターは今と違った」と発言している。

その後ツイッターは9月末に投げ銭機能「Tips」公開しビットコインや現金に対応した。またツイッターでユーザーのプロフィール画像に、そのユーザーが保有するNFTに紐づいた画像を、認証し表示する機能をテストしていることも明らかになっている。

今後、専門部門が出来たことで、ツイッターにおいて暗号資産やブロックチェーンのさらなる活用が進むのではないだろうか。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sundry-Photography・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored