EUブロックチェーン国際標準化組織INATBAを立ち上げ日本からALISとBUIDLが創設メンバーに、バイナンスCZが4月から「Binance DEX」とシンガポール取引所の開始告知などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

EUがブロックチェーンの国際機関INATBAを立ち上げ

・EU(欧州連合)が4月3日にブロックチェーン国際標準化組織INATBA(InternationalAssociationofTrustedBlockchainApplications)を立ち上げた

・Accenture、SAP、Consensys、IBM、リップル社、バークレーズ銀行などが創設メンバー

・本組織はブロックチェーンを次のステージに引き上げ、社会一般のものとすることを目的に組織された。当局とのコミュニケーションやDLTのガバナンスモデルの構築や、各応用先に合わせた技術開発援助やガイドラインの作成を実施していく

ALISとBUIDLが「INATBA」に創設メンバーとして参加、国際標準でのブロックチェーン社会実装促進を目指す

・株式会社ALISと株式会社BUIDLがEUのブロックチェーン国際標準化組織「INATBA」に創設メンバーとして参加

・2社は日本国内でのブロックチェーンの実装と適用の事例をベースに国際組織に貢献をすることで、一層のブロックチェーンの技術革新の速度を早めることを表明

バイナンスCZが韓国のDECONOMYに登壇し、4月から「Binance DEX」と「シンガポールの取引所」の開始を告知

・仮想通貨取引所バイナンスのCEO であるCZが、韓国で4月4日5日に開催中のブロックチェーンイベント「DECONOMY」に登壇 ・その講演の最後に、CZは2019年4月中の「Binance DEX」のメインネットローンチと「バイナンス・シンガポール」の開設を告知した

パキスタン国営銀行が2025年までに独自デジタル通貨の発行を検討

・パキスタン国営銀行(SBP)が2025年までに独自のデジタル通貨の発行を検討していることを地元メディアが報じた

・SBP副総裁のJameelAhmad氏は「金融統合を推進し、非効率性と不正行為を減らすために2025年までにデジタル通貨を発行することに取り組んでいる」と語った

・また、「2030年までに中央銀行の完全デジタル化がされるだろう」とコメントしている

Pairsのエウレカ創業者の赤坂優氏がブロックチェーンスタートアップエンゲートの取締役に就任

・恋愛婚活マッチングサービス「Pairs」などを提供するエウレカ創業者の赤坂優氏が、スポーツ・ギフティングサービス「エンゲート」の取締役に就任

・赤坂氏はプロダクトやUI/UX開発のアドバイザーとしてエンゲートに参加し、また同氏は、エンゲートが現在行なっている資金調達ラウンドにて出資も予定しているとのこと

・赤坂優氏のコメントは以下の通り 「現在のスポーツビジネスは、広告・チケット収入・グッズ販売などに限られています。エンゲート社が目指す『ファンとチーム間』『ファンと選手間』の支援・課金が実現すれば、新たなビジネスチャンスとなります。チームや選手が潤い、マイナースポーツがより良い環境で成長していけるようなプラットフォームを作る手助けができればと思います。」

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。