ソニーMEが次世代型音楽制作PF「soundmain」 ティザーサイト公開、経済産業省がブロックチェーンを活用したコンテンツサービスの報告書公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ソニーの次世代型音楽制作プラットフォーム「soundmain(サウンドメイン)」ティザーサイト公開

・株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、音楽制作に携わるクリエイターの作業効率を向上させ、創作活動を支援する音楽制作プラットフォーム「soundmain(サウンドメイン)」のティザーサイトをオープン

・「soundmain」は、ソニーグループが持つブロックチェーンやAIなどのテクノロジーと、ソニーミュージックグループが持つ音楽制作や権利情報処理のノウハウを活用して開発を行っている、新しい音楽制作プラットフォーム ・ソニーグループは、2018年10月に発表した「ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システム」に、音楽著作権の登録機能を追加して、音楽クリエイターの権利情報処理に関する作業効率を高めた新システムを開発。このシステムには、複数権利者間の同意をブロックチェーン上に記録する機能や、ブロックチェーン上の記録を利用して著作権の登録を効率的に処理する機能が搭載されている

・またソニー株式会社のAIテクノロジーを利用した音源分離などの音楽制作作業の補助技術を「soundmain」プラットフォームで活用し、音楽クリエイターの創作活動を支援するサービスの実現を目指す

・SMEは、本プラットフォームで実現する様々なサービスを通じて、サウンド領域における革新的なクリエイティブ体験の提供を目指すとともに、全てのクリエイティブ領域におけるブロックチェーン・テクノロジーの更なる活用に向けて、技術開発や実証実験を継続して行っていくと発表

経済産業省がブロックチェーン技術を活用したコンテンツサービスに関する報告書を公表

・経済産業省がブロックチェーン技術を活用したコンテンツに関するサービス・アプリケーションに必要となる基礎的な機能について調査・検討を行い、ブロックチェーンに関する技術的な要件定義を含む報告書を取りまとめ、公表をした

・また、著作権法上規定されている著作権者や著作隣接権者に加え、制作行為に寄与した者や当該コンテンツの価値に創出に貢献した者の寄与度の可視化・定量化により、適正な利益配分を可能にするサービス・アプリケーションを検討

・委員名簿には日本音楽著作権協会常任理事の伊澤氏、日本レコード協会の畑氏、ドワンゴCTO室室長の甲斐氏、ブロックチェーン推進協会副代表理事の杉井氏、日本ブロックチェーン協会肥後氏など総勢12名が参与

・4月前半に、コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金において措置した、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関連したシステムの開発に対する補助金の公募開始を予定していることも発表された

6月開催のG20で、暗号資産の規制についての合意がされる見通し

・6月8日、9日に福岡市で開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で、暗号資産によるマネーロンダリングやテロ資金供与を阻止するための新規制に合意がされる見通しになったことを、4日共同通信の報道で明らかになった

・北朝鮮がサイバー攻撃にて暗号資産を奪って資金源にしている疑いが出ているなかで、経済制裁逃れを封じる狙いもある

丹青社のブロックチェーンを活用した日本のアート・工芸作品の新たなプラットフォーム「B-OWND」のサービス開始が5月10日に決定

・丹青社が、ブロックチェーンを活用した日本のアート・工芸作品の新たなプラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」のサービス提供を2019年5月10日(金)10時より開始と発表

・「B-OWND(ビーオウンド)」は、日本のアーティスト・工芸家と世界中のコレクター(購入者)、キュレーター・美術評論家を直接つなぎ、アーティストとコレクター、キュレーターのコミュニケーションを促すほか、作品の販売・購入が可能なサービス(世界展開は追っての予定)。

・サービスとして、情報および作品の発信(アーティスト)、アーティストの発掘・交流(コレクター)、作品評価(レビュワー)の場となるプロモーション・キュレーションメディアの機能と、作品を販売するマーケット機能、そしてブロックチェーンを活用した作品の真贋および流通管理機能がある

・作品の真贋および流通管理機能についてのシステム開発はスタートバーンと共同で実施、ブロックチェーンを活用し、アート・工芸作品の真贋および流通管理プロセスを自動化。二次流通時に取引代金の一部をアーティストが取得できる「還元金モデル」を進める(還元金の有無は設定で変更可能)

・サービス開始に伴い、4月19日(金)・20日(土)には、日本最大の「BINARYSTAR(バイナリースター)」(東京・銀座)において、本サービスのデモンストレーションを体験できるプレイベントを開催。当日は、世界で活躍している参加アーティストから作品の解説など聞くことができ、また作品の先行予約が可能となる

カナダCoinSquareが国内初のステーブルコイン「eCAD」を発表

・カナダの大手仮想通貨取引所のCoinSquareがカナダドルベースの法廷通貨担保型ステーブルコイン「eCAD」の発行予定を発表

・カナダドルとeCADは1:1の価値担保がされている、取引開始時期については今回の発表に明記はされていなかった

・CoinSquare、CEOのColeDiamond氏は「eCADの発売によって、従来の仮想通貨市場の不安定を招くことなく、カナダ国内外では最初の、透明性が高く手頃な価格で、かつ安全な送金方法が生まれます。」とコメントをしている

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock・RyanKing999)

images:iStock / artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ディーカレットが仮想通貨から電子マネーへのチャージサービス、ALISがライセンストークン発行サービスの提供、スマホLINEアプリで簡単に投資ができる「LINE証券」サービス開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ディーカレットが国内初、仮想通貨から複数の電子マネーへのチャージサービス提供開始、テゾスがCryptoeconomics LabへPlasma開発のための助成金を付与、ALISがライセンストークン発行サービスの提供を開始、gumi CryptosとNEOが日本のブロックチェーン市場への進出に向け提携、日本の有名企業100社と国内ETF9種類を1株/1口単位で数百円から「LINE」上で取引できる「LINE証券」サービス開始

ビットフライヤーでTポイントをビットコインへ交換可能に、バイナンスがLibraに類似した「Venus」発表、Orbが九州電力へのコミュニティ通貨PF提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットフライヤーとTポイントが提携し、Tポイントからビットコインへの交換が可能に、Orbが九州電力へのコミュニティ通貨プラットフォーム提供、筑邦銀行が地域通貨「常若通貨」の提供開始、バイナンスがLibraに類似した新たなブロックチェーンプロジェクト「Venus」を発表、日本の有志NEMコミュニティが「NEMを使用した調査研究及び開発」企画コンペ開催

楽天ウォレットが仮想通貨現物取引サービス開始、Bakktがビットコイン先物取引9月23日ローンチ、Gaudiy経済設計顧問に坂井豊貴氏、ストーリーDに上野直彦氏などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

楽天ウォレットが仮想通貨現物取引サービス提供開始、Bakktがビットコイン先物取引を9月23日にローンチと発表、Gaudiyの経済設計顧問に坂井豊貴氏、ストーリーディレクターに上野直彦氏が就任、BTCボックスの代表者名と住所を使用して個人情報等を抜き出そうとする詐欺サイトにご注意

GMOコインがFC琉球コインプロジェクト推進、GaudiyとLIXILが共同研究を開始、三井住友信託が不動産ビジネスの第2段実証実験を開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

GMOコインがFC琉球と「FC琉球コインプロジェクト」推進に向け合意、GaudiyとLIXILが暮らしとブロックチェーンに関する共同研究を開始、三井住友信託がブロックチェーンを活用した不動産ビジネスの実証実験第2段階を開始、ザイフとフィスコが正式に統合へ、金融庁がキャッシュレス事業者を集中検査、中国の中央銀行がデジタル通貨の概要を明らかに、BlockBaseがNFTのマーケットプレイスを簡単に構築出来るオープンソース「Satellites」を公開、8月29日あたらしい経済が「Web3 Summit 2019 Funkhaus Berlin」報告会を開催

BlockStreamがビットコインマイニング施設とマイニングプール立ち上げ、ロビンフッドがイギリスで金融仲介業免許取得、CBcloudがソフトバンクや佐川急便らから資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BlockStreamがビットコインのマイニング施設とマイニングプール立ち上げを発表、株式/仮想通貨投資のアプリ「ロビンフッド」がイギリスで金融仲介業免許を取得、CBcloudが、ソフトバンク、佐川急便、日本郵政キャピタル、シーアールイーの4社より12億円の資金調達、「キャプテン翼ZERO」グローバル版の事前登録受付が開始し、仮想通貨を配布するイベントも開催予定、イベント情報「Web3 Summit 2019 Funkhaus Berlin」報告会 presents by #あたらしい経済 8月29日に開催決定

KYC情報流出をバイナンスが否定、そのKYC流出疑惑の犯人とやりとりしていた「coindesk」を「The Block」CEOが批判、Amazonがアドテク分野ブロックチェーンエンジニア求人などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

KYC情報流出疑惑をバイナンスは否定、犯人情報の提供者に報奨金提供へ、メディアとしての正義とは?バイナンスKYC流出疑惑の犯人と思われる人物と7月から「coindesk」がコンタクトしていたと発表、それに対して「The Block」CEO Mike Dudasが「coindesk」の対応を強く批判、Amazonがアドテク分野でブロックチェーンエンジニアを求人、韓国の金融規制当局が暗号通貨取引所を直接規制する計画を発表、BUIDLが住宅アカデメイアと業務提携し、ブロックチェーン技術を活用した住宅分野の電子取引システムを共同開発

BlockFiが1,830万ドルをピーターティール率いるファンド等から調達、GMOインターネットの仮想通貨事業が増収黒字転換、マスターカードがファッション向けトレーサビリティシステム導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仮想通貨貸付プラットフォームBlockFiが1,830万ドルをピーターティール率いるファンドなどから資金調達、米国、英国、EU、オーストラリア、カナダのデータ保護およびプライバシー当局がLibraに関する懸念を共有する共同声明を発表、マスターカードがブロックチェーンを活用した、ファッション向けトレーサビリティシステムを導入、GMOインターネットの仮想通貨事業が増収黒字転換、マネックスクリプトバンクが法人向け仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーン情報データベースサービス事前登録開始、HashPort AcceleratorがIOS Foundation、Enjin、Tezosと戦略的パートナーシップを締結

IBMが「Trust Your Supplier」をローンチ、ビットポイントが一部サービス再開、ライトコインが半減期などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

IBMが新たにブロックチェーン「Trust Your Supplier」をローンチ Lenovo、Nokiaなど大手500社が参加する予定、ビットポイントが不正流出の原因調査の現状と一部サービス再開を発表、ライトコインが半減期を迎える、Devcon5の追加チケット販売が8月6日に開始、新作ブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント」が一般ユーザー向けにオープンβテストを8月8日より実施

Apple Cardは仮想通貨の購入禁止、ウォルマートが独自仮想通貨を開発か、東京大学ブロックチェーン学生起業家支援プログラム第3回参加者募集などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

8月ローンチ予定のApple Cardは仮想通貨の購入を禁止、ウォルマートが独自仮想通貨を開発か、Stake Technologiesがシンガポール政府、Parity Technologies社の公式支援するグローバルインキュベーターLongHashのプログラムに参加決定、東京大学ブロックチェーン学生起業家支援プログラムが第3回参加者募集