ソニーMEが次世代型音楽制作PF「soundmain」 ティザーサイト公開、経済産業省がブロックチェーンを活用したコンテンツサービスの報告書公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ソニーの次世代型音楽制作プラットフォーム「soundmain(サウンドメイン)」ティザーサイト公開

・株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、音楽制作に携わるクリエイターの作業効率を向上させ、創作活動を支援する音楽制作プラットフォーム「soundmain(サウンドメイン)」のティザーサイトをオープン

・「soundmain」は、ソニーグループが持つブロックチェーンやAIなどのテクノロジーと、ソニーミュージックグループが持つ音楽制作や権利情報処理のノウハウを活用して開発を行っている、新しい音楽制作プラットフォーム ・ソニーグループは、2018年10月に発表した「ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システム」に、音楽著作権の登録機能を追加して、音楽クリエイターの権利情報処理に関する作業効率を高めた新システムを開発。このシステムには、複数権利者間の同意をブロックチェーン上に記録する機能や、ブロックチェーン上の記録を利用して著作権の登録を効率的に処理する機能が搭載されている

・またソニー株式会社のAIテクノロジーを利用した音源分離などの音楽制作作業の補助技術を「soundmain」プラットフォームで活用し、音楽クリエイターの創作活動を支援するサービスの実現を目指す

・SMEは、本プラットフォームで実現する様々なサービスを通じて、サウンド領域における革新的なクリエイティブ体験の提供を目指すとともに、全てのクリエイティブ領域におけるブロックチェーン・テクノロジーの更なる活用に向けて、技術開発や実証実験を継続して行っていくと発表

経済産業省がブロックチェーン技術を活用したコンテンツサービスに関する報告書を公表

・経済産業省がブロックチェーン技術を活用したコンテンツに関するサービス・アプリケーションに必要となる基礎的な機能について調査・検討を行い、ブロックチェーンに関する技術的な要件定義を含む報告書を取りまとめ、公表をした

・また、著作権法上規定されている著作権者や著作隣接権者に加え、制作行為に寄与した者や当該コンテンツの価値に創出に貢献した者の寄与度の可視化・定量化により、適正な利益配分を可能にするサービス・アプリケーションを検討

・委員名簿には日本音楽著作権協会常任理事の伊澤氏、日本レコード協会の畑氏、ドワンゴCTO室室長の甲斐氏、ブロックチェーン推進協会副代表理事の杉井氏、日本ブロックチェーン協会肥後氏など総勢12名が参与

・4月前半に、コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金において措置した、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関連したシステムの開発に対する補助金の公募開始を予定していることも発表された

6月開催のG20で、暗号資産の規制についての合意がされる見通し

・6月8日、9日に福岡市で開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で、暗号資産によるマネーロンダリングやテロ資金供与を阻止するための新規制に合意がされる見通しになったことを、4日共同通信の報道で明らかになった

・北朝鮮がサイバー攻撃にて暗号資産を奪って資金源にしている疑いが出ているなかで、経済制裁逃れを封じる狙いもある

丹青社のブロックチェーンを活用した日本のアート・工芸作品の新たなプラットフォーム「B-OWND」のサービス開始が5月10日に決定

・丹青社が、ブロックチェーンを活用した日本のアート・工芸作品の新たなプラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」のサービス提供を2019年5月10日(金)10時より開始と発表

・「B-OWND(ビーオウンド)」は、日本のアーティスト・工芸家と世界中のコレクター(購入者)、キュレーター・美術評論家を直接つなぎ、アーティストとコレクター、キュレーターのコミュニケーションを促すほか、作品の販売・購入が可能なサービス(世界展開は追っての予定)。

・サービスとして、情報および作品の発信(アーティスト)、アーティストの発掘・交流(コレクター)、作品評価(レビュワー)の場となるプロモーション・キュレーションメディアの機能と、作品を販売するマーケット機能、そしてブロックチェーンを活用した作品の真贋および流通管理機能がある

・作品の真贋および流通管理機能についてのシステム開発はスタートバーンと共同で実施、ブロックチェーンを活用し、アート・工芸作品の真贋および流通管理プロセスを自動化。二次流通時に取引代金の一部をアーティストが取得できる「還元金モデル」を進める(還元金の有無は設定で変更可能)

・サービス開始に伴い、4月19日(金)・20日(土)には、日本最大の「BINARYSTAR(バイナリースター)」(東京・銀座)において、本サービスのデモンストレーションを体験できるプレイベントを開催。当日は、世界で活躍している参加アーティストから作品の解説など聞くことができ、また作品の先行予約が可能となる

カナダCoinSquareが国内初のステーブルコイン「eCAD」を発表

・カナダの大手仮想通貨取引所のCoinSquareがカナダドルベースの法廷通貨担保型ステーブルコイン「eCAD」の発行予定を発表

・カナダドルとeCADは1:1の価値担保がされている、取引開始時期については今回の発表に明記はされていなかった

・CoinSquare、CEOのColeDiamond氏は「eCADの発売によって、従来の仮想通貨市場の不安定を招くことなく、カナダ国内外では最初の、透明性が高く手頃な価格で、かつ安全な送金方法が生まれます。」とコメントをしている

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock・RyanKing999)

images:iStock / artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ヒュンダイがブロックチェーンでの中古車両情報追跡PF開発を計画、サムスンがブロックチェーン開発とトークンの発行を検討かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ヒュンダイがブロックチェーン市場に参入、中古車両情報追跡のプラットフォーム開発を計画、サムスンがイーサリアムでのパブリックブロックチェーンの開発とトークンの発行を検討か、株式会社digglueがBaaS特化型情報サイト「BaaSinfo!」をオープン、近畿大学・大阪商工会議所・関西情報センターが連携して、ブロックチェーン教育プログラム「BLOCKCHAIN Teck MEETUP OSAKA」を開催

三菱総研が地域コイン社会実験検証結果を発表、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」提携しビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱総合研究所が地域コインの社会実験を実施し、地域商品券事業への適用可能性とその効果検証の結果発表、ALISが企業向けのブロックチェーン事業参入コンサルティング・開発支援を開始、金融庁がフォビジャパンとフィスコに立ち入り検査か、マネックス証券がコインチェックと連携し、マネックスポイントを仮想通貨と交換できるサービスを開始、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」が提携し、ビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ」開始

ふくおかFGのiBankマーケティングがブロックチェーンの地域ポイント本格稼動、サスメドのBCの臨床データのモニタリングシステム実証実験がサンドボックス制度認定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ふくおかフィナンシャルグループのiBankマーケティングが、ブロックチェーンでの地域ポイントサービスの本格稼動、経済産業省が「規制のサンドボックス制度」案件として、サスメドのブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステムに関する実証実験を認定、Seamico Securities DigitalがタイでICO免許を取得。今年の夏までにTezos Public chainでトークン発行予定、仮想通貨にも対応したVisaプリペイドカード「Pollet(ポレット)」に約1分で発行可能なバーチャルカードが登場。10%増量キャンペーンも開催、米スタートアップMOONでライトニングネットワークを使用してAmazonで買い物ができるサービスを開始、G20福岡で仮想通貨規制を含めた策定書作成の議論開始が明らかに

MUFGと米アカマイが事業会社設立、フォルクスワーゲンがブロックチェーン活用グループ組成、IndieSquareがBC間で暗号資産を転送する「HAZAMA」開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイテクノロジーズが新たに事業会社「Global Open Network Japan 株式会社」設立、フォルクスワーゲングループが鉱物のサプライチェーンにIBMブロックチェーンを活用するグループを組成、セレーナウィリアムスが経営するVCがCoinbaseに出資していることが明らかに、株式会社IndieSquareがブロックチェーン間で暗号資産を転送するシステムを開発仮想通貨取引所ザイフが株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業承継業務が終了 MONAの現物取引を再開

米コインベースが新たに11カ国で仮想通貨交換サービス開始、「Binance Chain」4月23日メインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインヘイブ事件のモロ氏の寄付募集開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米コインベースが仮想通貨ペア交換サービスを11カ国で展開開始、サービス提供地域は53カ国に、バイナンスの「Binance Chain」が4月23日にメインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインハイブ事件モロ氏の弁護士費用の寄付募集開始、ペイパルがクリプトジャックを防御する技術の特許を取得、テレグラムのTON Labsとドイツのペイメント企業Wirecardが共同で分散型プラットフォームを作り上げることが明らかに

LCNEMがステーブルコインとライトニングネットワークを組み合わせた新サービス発表、マイクロソフトやEEAらが「Token Taxonomy Initiative」組成などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LCNEMがステーブルコインとLightning Networkを組み合わせた新サービスを発表、匿名技術を提供する企業BoltLabsがリップル・Zキャッシュなどから150万ドルの資金調達、MicrosoftとEEAが中心となり、ブロックチェーンでのビジネスデザインやトークン設計を推進するための「Token Taxonomy Initiative」を組成したことが明らかに、国内初NFTのマッチングプラットフォーム”bazaaar”の新規アセット掲載、次世代型SNS「FiNANCiE」新たにヒーローが5名参加、消費者庁が暗号資産に関する注意喚起資料、詐欺などに関する相談を更新

三菱UFJグループが米チェイナリシス社に出資、SBI取引所がBCH取り扱いを廃止予定、ブロックチェーンを使った「Famiee」プロジェクト始動などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJグループ投資ファンドが仮想通貨のコンプライアンスツールを開発する米チェイナリシス社に出資、SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュの取り扱いを廃止、BlockStackがアメリカSEC Regulation A+を基に、資金調達のための書類をSECに提出、株式会社ホットリンクがブロックチェーンを活用したパートナーシップ証明書の発行「Famiee」プロジェクト始動を発表、Binanceの2019年第1四半期の利益が、66%増の7800万ドルであることが明らかに金融庁が仮想通貨交換業者に対し「コールドウォレット」管理社内規則の厳格化を指示か、ロイターが関係者取材での報道

バイナンスがBitcoinSVの上場廃止発表、取引所「楽天ウォレット」が新規口座開設申込受付開始、マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスがBitcoin SVの上場廃止を発表、仮想通貨取引所「楽天ウォレット」が新規口座開設申込受付を開始、マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期、FLOCブロックチェーン大学校が無償提供する新テクノロジー講座が4月にも開催

コインチェック大口OTC取引にETHとXRPが追加、マジックリープがブロックチェーンエンジニア募集、IMFと世界銀行が独自仮想通貨の利用実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

コインチェックが大口OTC取引の対象通貨に「ETH」「XRP」を追加、Binance Lab初代grantに「Ironbelly,HOPR,Kitsune Wallet」が採択、AR Techのスタートアップ「Magic Leap」がブロックチェーンエンジニアを募集していることが明らかに、IMFと世界銀行が独自の仮想通貨の利用実験を開始したことが明らかに、FXcoinがSBIグループからの出資受け入れ