QUOINEのLiquidがIDGキャピタルなどから約10億円資金調達、コインベースの加入保険補償額が最大280億円であることが明らかに、SFCでブロックチェーンの寄附講座開設などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

QUOINEの親会社Liquidがアメリカの投資ファンドIDGキャピタルやビットメインテクノロジーから10億円弱の資金調達

・リキッドグループは、グローバルフィンテック企業のQUOINE(コイン)株式会社の持株会社として設立。安心安全なセキュリティの高さに加え、高い流動性を兼ね備えた仮想通貨取引プラットフォーム「LiquidbyQuoine (リキッド)」の開発・運営や、QASH(キャッシュ)トークンの発行など、独自のサービスを提供

・仮想通貨交換会社のQUOINEの持株会社リキッドグループがアメリカの投資ファンド大手IDGキャピタルやビットメイン・テクノロジーズから合わせて10億円弱を調達

・これによってLiquidは時価総額が1100億円となりユニコーン企業に。そして日経新聞によると今回資金調達したお金は、STO事業をグロースさせていくために活用するようだ

PayPalがブロックチェーン企業ケンブリッジブロックチェーンに投資

・PayPalがスタートアップ企業のケンブリッジブロックチェーンのシリーズAラウンドの投資に参加したことがフォーブスなど海外メディアで報じられた

・ケンブリッジブロックチェーンは個人情報・プライバシーを保護しながら必要な情報のみ企業間で共有し認証するID管理のプラットフォームを開発するプロジェクト

・PayPalがブロックチェーン企業に出資をするのは初めてのことで、両社とも今回の投資額は明らかにしていない

米仮想通貨取引所コインベースの加入保険補償額が最大280億円であることが明らかに

・米国大手取引所コインベースが、加入している保険の補償額とその詳細を公式ブログで明らかにした

・現在の補償額は最大2億5,000万ドルで英国、米国の保険会社から補償を受けることができる

・加入している保険は2種類あり、コールドウォレットを補償するのは「Specie」、ホットウォレットを補償するのは「Crime」となっている

・暗号通貨保険市場の今後の課題として、①仮想通貨保険会社の増加②仮想通貨保険会社が実際に暗号資産を保有する③個人の保有する暗号資産を直接補償するサービスが必要であるとあわせて意見をしている

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で「ブロックチェーン」に関する寄附講座が開設

・慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)が「ブロックチェーン」に関する寄附講座を2019年4月より開設することが発表された

・この寄付講座は株式会社セレスが寄付をおこなったことで実現

・セレスはプレスリリースにて「セレスは、現金や電子マネー等に交換可能なポイントサービスであるモッピー・お財布.comを運営しており、そのポイントは一種の暗号資産(トークン)であると定義しています。そのため、グローバルに普及している暗号資産・ブロックチェーン技術とは、非常に親和性が高いと考えております。ブロックチェーンとは、ビットコインをはじめとする暗号資産の裏付けとなる暗号化技術で、非中央集権による分散管理を行うネットワークであり、第三者による改ざんが事実上不可能な特性などを持ち、現在、様々な領域での実装が期待されております。ただ、暗号資産の認知度が高まる一方で、ブロックチェーン技術を正しく学び、応用できる人材の不足が課題として挙げられます」と寄付理由を説明している

・今回開設する「ビヨンドブロックチェーン 基礎/応用」の寄附講座は、SFCにて在学生を対象に開設され、環境情報学部の村井純教授と同学部の斉藤賢爾講師による講義となり、ブロックチェーンおよび関連する分散レッジャー(台帳)の技術を基礎から解説するとのこと

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。