人気NFT「クールキャッツ」、アニモカと提携しゲーム提供へ

クールキャッツとアニモカが提携

人気NFTコレクション「クールキャッツ(Cool Cats)」提供のクールキャッツグループ(Cool Cats Group)が、アニモカブランズ(Animoca Brands)と戦略的パートナーシップを締結したことを10月5日発表した。アニモカはクールキャッツグループへ出資を行い、「クールキャッツ」に関するゲームリリースを目指すという。

「クールキャッツ」は、2013年にアーティストのコリン・イーガン(Colin Egan)氏によってデザインされたキャラクターである「Blue Cat」に由来したデザインのNFT。9,999体がリリースされている。

アニモカブランズはブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う企業。先月にはテマセク(Temasek)、ボーユキャピタル(Boyu Capital)、GGVキャピタル(GGV Capital)が主導する資金調達ラウンドで1.1億ドル(約158.4億円)を調達した。

またクールキャッツグループは9月1日にアニモカブランズの子会社であるゲーミー(GAMEE)と提携し、数字タイルゲーム「クールキャッツコンビネーションズ(Cool Cats Combinations)」を発表している。

アニモカブランズCEOのヤッ・シウ(Yat Siu)氏はクールキャッツグループCEOのケン・クロン(Ken Cron)氏と以前から交友があるとのことで、ブログにて「ケンは、世界で最も経験豊富なゲームおよびメディアの幹部の1人であり、過去2年間、彼をアニモカブランズの取締役会の顧問として迎えられたことを嬉しく思います。クールキャッツチームが構築したものに対する私たちの信念は、ゲームの次のフロンティアを解き放つと信じているNFTスペースへのコミットメントと共に、これ以上ないほど強力です。」と語っている。

 関連ニュース

アニモカブランズジャパン、三菱UFJ銀行らから61.5億円調達。評価額は約683億円に

アニモカブランズ約100億円調達、評価額約8000億円に

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

三菱UFJ銀行がNFT事業参入へ、アニモカブランズと協業=報道

アニモカブランズと韓国芸プロCUBE、合弁会社「AniCube」設立

参考:アニモカ

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ