YGG Japanが東京ゲームショウに出展、ゲーム体験やステージセッションも

YGG Japanの東京ゲームショウ出展情報

ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」が、本日9月15日より幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2022」の出展情報を公開した。

「YGG Japan」のブースでは、世界のブロックチェーンゲームの最前線を体験できる「ブロックチェーンゲームパーク」やゲーム業界、クリエイター、ブロックチェーン企業の有識者による「ステージセッション」が行われる。なおブースは幕張メッセの「メインホール3」となっている。

「ブロックチェーンゲームパーク」では、グローバルの最新のブロックチェーンゲームのプレイアブルの出展や、今後展開予定の最新ブロックチェーンゲームの映像が展示される。また国内外の注目パブリッシャーが共同出展し、5社6タイトルのゲーム体験が可能となっているとのことだ。MARBLEX、Realital LLC、Kingdomverse、animoca BRANDS、double jump.tokyoが「YGG Japan」のブースに出店する。

また「ステージセッション」では有識者を集めたパネルディスカッションの他、ピッチコンテストや、アクシーインフィニティ(Axie Infinity)のギルド対抗大会も実施される予定だ。

なお「ステージセッション」には「あたらしい経済」編集部より、編集長の設楽悠介、編集部の竹田匡宏がモデレーターとしてセッションに参加する(タイムテーブルは下記記載)。

ステージセッションの模様はこちらの「YGG Japan」公式YouTubeチャンネルよりライブ配信されている。

なお「YGG Japan」ブースで開催されるピッチコンテストは、ゲーム特化ブロックチェーンのオアシス(Oasys)との共同主催となる。コンテストで入賞した国内外のゲーム開発者は、特典として共催企業からの最大1億円の出資などが受けられるとのこと。なお主催の両社の他にArriba Studio、doublejump.ventures、グリーが共催する。このピッチコンテストは9月15日12:00~14:30に開催される。

また「YGG Japan」はDEA(Digital Entertainment Asset:デジタルエンターテイメントアセット)と共に、DEA提供のトレーディングカードバトルゲーム「JobTribes(ジョブトライブス)」内で使用できるオリジナルNFTを会場で配布するとしている。

このNFTを入手するには、9月17日、18日の「東京ゲームショウ2022」一般公開日に、DEAもしくはYGG Japanのブースに行き、NFTを獲得できるQRコードが記載されたカードをもらい、読み込む必要があるとのことだ。

「ステージセッション」タイムテーブル

▼9/15(木):ビジネスデイ

11:00~11:45 Creta Presents/コンシューマゲーム開発のプロたちが語る、来たるブロックチェーンゲーム時代に向けたグローバル戦略

12:00~14:20 Web3 Game Pitch Contest/presented by Oasys and YGG Japan

14:35~15:30 Web3でIPビジネスはどう変わるか ~ファンに愛される世界的IPのつくりかた~

▼9/16(金):ビジネスデイ

10:00~10:45 CoinPost Presents/ソーシャルグッド社会の実現に向けたブロックチェーン技術の利用

11:00~11:45 SUSHI TOP Presents/所有から実用のNFTへ〜大手企業コラボ実例から学ぶユースケース

13:00~13:45 Kingdomverse Presents/KingdomVerse特別セッション

14:00~14:45 Realital Presents/Reta Wars特別セッション

15:00~15:45 世界のブロックチェーンゲームトレンド分析2022 ~クリプト投資世界市場のモメンタムを知る~

16:00~16:45 国内実力派Web3スタジオが伝授! トーケノミクスとコミュニティ設計の基礎知識

17:00~18:00 NFTアイテムガチャの普及で一気に広がる 国内「NFTゲーム市場」とマーケットプレイス

▼9/17(土):一般公開日

11:00~11:45 大型ゲームの最新トレンド2022 Polka Fantasy×元素騎士Online×Lv99Studio

13:00~13:45 スクウェア・エニックス&double jump.tokyo/Presents 「資産性ミリオンアーサー」特別セッション

14:00~14:45 MARBLEX Presents THE KING OF FIGHTERS ARENA特別セッション

15:00~15:45 double jump.tokyo Presents/ブレイブフロンティアヒーローズ特別セッション

17:00~17:45 Web3の愉快な仲間たちが企む 「一億総ブロックチェーンゲーマー化計画」

▼9/18(日):一般公開日

11:00~11:45 STEPNが日本のWeb3シーンにもたらした激震 ~これまでの実態と今後のSTEPNをトップインフルエンサー陣が語る~

12:00~12:45 国内最先端のWeb3ゲーム企業「Cocone」の挑戦 ~「かわいい」から始まる、日本のブロックチェーンゲームのマスアダプション化~

13:00~13:45 Web3ゲームマーケティング講座 Web3ゲーム時代到来で、ゲームのマーケティングはどう変わるか

14:00~14:45 これが3年後の当たり前!? プレイヤーとゲーム開発者が共に作る ブロックチェーンゲームの開発スタイル

14:45~15:45 Web3ゲームのトップインフルエンサーが語る、 ”これから”来る”Web3ゲームの傾向と対策

16:00~17:45 「Axie Inifity Origin 」大会@TGS2022〜ギルド対抗!YGG Japan杯〜

関連ニュース

DEAとYGG Japanが提携、東京ゲームショウで「JobTribes」用のNFT配布へ

OasysとYGG Japanが東京ゲームショウでピッチコンテスト、入賞特典で1億円出資も

ブロックチェーンゲームの熱気を帯びた、七夕の夜 〜YGG Japan TANABATA Networking Partyレポート〜

【取材】Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

YGG Japan、約3.8億円資金調達

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored