【取材】Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

シンガポールと東京を拠点にWeb3/NFT起業家支援を展開するアクセラレーターのアリーバスタジオ(Arriba Studio)が、日本発のゲーム特化ブロックチェーンプロジェクト「オアシス(Oasys)」と、ゲームギルドのイールドギルドゲームスの日本版「YGG Japan」へトークン出資したことが7月7日に分かった。

またアリーバスタジオは、日本のweb3スタートアップ向けに、本格的に海外進出支援も開始した。なおアリーバスタジオは今年4月に始動しており、創業メンバーはスマートアプリ(現SBI NFT)のファウンダー佐藤崇氏、GMO Venture Partnersの元パートナー宮坂友大氏、double jump.tokyo(DJT)の共同創業者兼元COOの玉舎直人氏の3人だ。

アリーバスタジオは、トークンエコノミクス設計周りの支援に加え、国際税制・会計実務、シンガポール側の拠点設立の推進、居住やオフィス開設のサポート体制、財団設立支援、監査法人対応までの支援をパッケージ化していくという。

なおアリーバスタジオは、先行して数社に対して支援を開始しており、今後3年で数十プロジェクトへの支援を目指していくとのこと。また今後はweb3領域のアクセラレーションイベント開催も予定しているという。そしてリサーチャー体制の拡充などもし、投資家や事業会社向けへのweb3領域の各種啓蒙活動も進めていくという。

アリーバ・スタジオ創業者佐藤崇氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、アリーバ・スタジオ創業者の佐藤崇氏へ取材を行った。

−−特に海外進出において、懸念しないといけない点は何でしょうか?

Fiat(法定通貨)とcrypto(暗号資産)の接点としての銀行と取引所機能をどう持つか。こちらはプロジェクトの種類によるのかなと思います。

−−監査法人対応とは、具体的にどのようなものでしょうか?

特に日本に法人があって母体に監査法人が入っている場合には、トークン発行周りでさまざまな留意点が出てきます。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ