【取材】Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

シンガポールと東京を拠点にWeb3/NFT起業家支援を展開するアクセラレーターのアリーバスタジオ(Arriba Studio)が、日本発のゲーム特化ブロックチェーンプロジェクト「オアシス(Oasys)」と、ゲームギルドのイールドギルドゲームスの日本版「YGG Japan」へトークン出資したことが7月7日に分かった。

またアリーバスタジオは、日本のweb3スタートアップ向けに、本格的に海外進出支援も開始した。なおアリーバスタジオは今年4月に始動しており、創業メンバーはスマートアプリ(現SBI NFT)のファウンダー佐藤崇氏、GMO Venture Partnersの元パートナー宮坂友大氏、double jump.tokyo(DJT)の共同創業者兼元COOの玉舎直人氏の3人だ。

アリーバスタジオは、トークンエコノミクス設計周りの支援に加え、国際税制・会計実務、シンガポール側の拠点設立の推進、居住やオフィス開設のサポート体制、財団設立支援、監査法人対応までの支援をパッケージ化していくという。

なおアリーバスタジオは、先行して数社に対して支援を開始しており、今後3年で数十プロジェクトへの支援を目指していくとのこと。また今後はweb3領域のアクセラレーションイベント開催も予定しているという。そしてリサーチャー体制の拡充などもし、投資家や事業会社向けへのweb3領域の各種啓蒙活動も進めていくという。

アリーバ・スタジオ創業者佐藤崇氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、アリーバ・スタジオ創業者の佐藤崇氏へ取材を行った。

−−特に海外進出において、懸念しないといけない点は何でしょうか?

Fiat(法定通貨)とcrypto(暗号資産)の接点としての銀行と取引所機能をどう持つか。こちらはプロジェクトの種類によるのかなと思います。

−−監査法人対応とは、具体的にどのようなものでしょうか?

特に日本に法人があって母体に監査法人が入っている場合には、トークン発行周りでさまざまな留意点が出てきます。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】韓国釜山市がブロックチェーンシティ目指し本格始動、バイナンスが欧州でステーブルコイン上場廃止を視野など

韓国釜山市が「ブロックチェーンシティ」目指し本格始動、約110億規模のファンド設立も、バイナンス、MiCA準拠のためにステーブルコイン上場廃止を視野に、アスター(ASTR)、韓国大手bithumbに上場、ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

ブリッジプロトコル「ワームホール(Wormhole)」提供の「ワームホールコネクト(Wormhole Connect)」が、米ドルステーブルコイン「USDC」をブロックチェーン間で転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」と統合したことが9月20日に発表された

【9/21話題】コナミのPROJECT ZIRCONとNFTマーケットプレイス「リセラ」、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場など

コナミ、初のweb3プロジェクト「PROJECT ZIRCON」とNFTマーケットプレイス「リセラ」発表、国内初、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場。エイプコイン(APE)とアクシーインフィニティ(AXS)も、PayPalのモバイル決済アプリ「Venmo」、同社発行のステーブルコイン「PYUSD」を利用開始、ハッシュキーDXがIOSTのノードパートナーに参加、企業向けWeb3サービス開発支援で協力も、Polkadotエコシステムのコミュニティ「PolkaWorld」、資金提供を拒否され運営停止へ