韓国裁判所、暴落した「テラUSD(UST)」創業者ド・クウォンに逮捕状

テラ創業者のド・クウォンに逮捕状

韓国の裁判所は、5月に暴落した暗号資産(仮想通貨)「テラ:Terra(LUNA:ルナ)」と「テラUSD:TerraUSD(UST)」を運営するテラフォームラボ(Terraform Labs)の創業者ド・クウォン(DoKwon)氏の逮捕状を発布した。

クオン氏は両暗号資産の市場価格が暴落したのち、投資家から詐欺で訴えられている。

検察関係者は、逮捕理由には踏み込まず「クオン氏を含む6人に逮捕状が出た」と14日に述べた。

テラUSDは、法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」としてかつては世界の暗号資産上位10位内に入っていたが、5月に1米ドル=1テラUSDのペッグが崩壊し暴落。世界の投資家の間で総額420億ドルの損失が発生したとの試算もある。

クオン氏は、8月の暗号資産関連メディアプラットフォーム、コイネージとのインタビューで、シンガポールに居を移したことについて、家族の安全のためで、当局の捜査逃れが目的でないと述べていた。

関連ニュース

【動画解説】新たなテラ(LUNA)「Terra2.0」とは?(CauchyE代表 木村優氏)

テラ(LUNA)関係者、韓国から出国禁止か=報道

テラ(LUNA)の新ブロックチェーン「Terra2.0」稼働開始

UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か

どうなる仮想通貨市場、ビットコイン急落の要因とテラ(LUNA)・UST問題の影響を考察

 

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
【韓国裁判所、暴落した暗号資産テラUSD開発元創業者に逮捕状】
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない