ソニーや富士通らが外国人留学生向けの成績証明管理をBCで行う実証実験、米Curvが650万ドル調達、毎月最大3ドル相当の独自通貨をマイニング可能なスマホが80ドルで発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ソニー、富士通らが外国人留学生の日本語講座の受講履歴や成績証明管理にブロックチェーンを活用する実証実験を開始

・株式会社ソニー・グローバルエデュケーションと富士通株式会社、株式会社富士通総研が、外国人留学生の講座受講履歴や成績データの管理において、ブロックチェーン技術の有用性を確認する実証実験を開始

・外国人留学生の受入・育成をしているヒューマンアカデミー株式会社の協力のもと2月27日から3月29日の期間で行う

・信頼性の高いデータをもとに個々の語学能力を正確に把握し、留学後における個々の能力に見合った適切な教育を支援することが可能になる

・今後は収集した学習ログや成績情報を多角的に解析し、学習結果だけでなく、学習への姿勢やプロセスをも評価する取り組みも検討

「秘密鍵の概念の排除を目指す」米セキュリティースタートアップ「Curv」が 650万ドル調達

・2月26日付のプレスリリースで、アメリカのデジタルアセット関連スタートアップ「Curv」は、650万ドルの資金調達を発表

・資金調達の目的は金融機関向けに秘密鍵が必要ないウォレット開発のため ・このラウンドまでの調達に参加した企業は、仮想通貨投資ファンドのデジタルカレンシーグループ、イスラエルのサイバーセキュリティ会社のチーム8が主導し、このラウンドにはマネックスグループ、フライブリッジ・キャピタル、ジャンプ・キャピタル、リバティー・シティ・ベンチャーなどが参加している

・Curvは秘密鍵の概念を排除するために、Curvの仮想通貨ウォレットでは、独自のマルチパーティ計算技術(Multi party Computation、MPC)プロトコルを採用している

ソフトバンクとTBCASoft、ブロックチェーンによるID情報管理・認証を推進するワーキンググループをCBSGで発足

・ソフトバンク株式会社と米国のブロックチェーン技術開発企業であるTBCASoft, Inc.は、ブロックチェーンによるID 情報管理・認証を推進するワーキンググループを、通信事業者のグローバル・ブロックチェーン・コンソーシアムであるCarrier Blockchain Study Group(キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ)「CBSG」で発足させた

・このワーキンググループの発足に伴い、TBCASoft は新しいアプリケーションフレームワーク基盤「Cross-Carrier Identification System」を構築。通信事業者は、CCISを利用することで、ブロックチェーンを活用した ID 情報管理や証明書の検証を容易に行うことができるようになる

・CCISは従来の中央集権型サービスと異なり、ブロックチェーンを活用し、通信事業者基準の高い信頼性を持った合意形成の下、それぞれの通信事業者が独立して運用する仕組み。ゼロ知識証明と分散台帳技術により、ユーザーは通常共有したくないであろう個人の詳細な情報を提供することなく、ID の発行・保管・認証ができるようになる

エレクトロニウムが毎月最大3ドル相当の独自通貨をマイニング可能なブロックチェーンスマホを80ドルで発表

・エレクトロニウムは2月25日のプレスリリースで、仮想通貨マイニングを行えるスマートフォン「M1」発売を発表した

・このスマートフォン価格は80ドルで、毎月最大3ドル相当の独自通貨をマイニング可能

・ユーザーは、エレクトロニウム独自の仮想通貨エレクトロニウム(ETN)のマイニングし、ショッピング、オンラインサービス、通話料金・データ通信料金の支払いなどで使える

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。