京セラがLO3Energy社のP2P取引プラットフォームを使った技術検証とBC技術の共同実証開始、Quantstampがクォントスタンプ・ジャパン合同会社設立などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

京セラが米国LO3Energy社のP2P取引プラットフォームを使った技術検証とブロックチェーン技術の活用に向けた共同実証を開始

・京セラが、自社の横浜中山事業所内に、複数の需要家を模した太陽光発電システムおよび蓄電池等を有する試験環境を整備し、2月28日より世界有数のP2P取引プラットフォーム開発会社である米国LO3 Energy Inc.と、P2P取引プラットフォームを使った技術検証とブロックチェーン技術の活用に向けた共同実証を開始

・実証の概要としては送配電事業者が利用する調整力電源の制御精度の向上を目的に、IoTセンサーによる家電分離技術を用いた制御技術の確立を進める

・またLO3 Energy社(エルオースリー・エナジー社)のブロックチェーン技術を活用し、一対一または一対複数での電力取引における需要家側リソースの利用実績の管理技術の有効性を検証し、太陽光発電により生み出された電気を需要家間で融通させるデモンストレーション環境を構築する

・これらの実証実験で現行の送配電ネットワークを利用した需要家側リソースの利用シーンの拡大を目指す

Quantstampがクォントスタンプ・ジャパン合同会社を設立し、日本でのサービス拡大を狙う

・ブロックチェーンやスマートコントラクトを担保するサービスを展開している米国Quantstamp Inc.が、日本におけるサービスを拡充するためにクォントスタンプ・ジャパン合同会社設立

・Yコンビネーターからの支援も受けているクォントスタンプは、コンピューターを活用した推論ツールを使用し、大規模のブロックチェーンやスマートコントラクトを担保するサービスを提供している

・これまでにクォントスタンプは独自のソフトウェアや機密情報監査サービスを通じて、5億米ドル以上のスマートコントラクトにおける取引額を担保しており、2018年夏にはプロサッカー選手 本田圭佑氏の手がける個人ファンド「KSK Angel Fund」、TransLink Capital、野村ホールディングス株式会社及び株式会社DGインキュベーションからの資金調達に成功している

・Quantstamp Inc.の共同創業者・最高経営責任者であるリチャード・マ氏のコメント「クォントスタンプの正式な日本進出を発表することができてとても嬉しく思います。日本はデジタル決済における重要なマーケットであり、このテクノロジーを取り巻く企業からの興味関心はとても高いと考えています。」

関連記事→“次世代のお金”のスマートコントラクトを守る「Quantstamp」の挑戦 

ソフトバンクなど世界の通信事業者で組織するブロックチェーンコンソーシアムがモバイル決済の実証実験を成功

・TBCASoftがソフトバンクなど世界の通信事業者で組織するブロックチェーンコンソーシアム「キャリア・ブロックチェーン・スタディ・グループ(CBSG)」がモバイル決済の実証実験を2019年の1月に成功したことを2月22日に発表

・実験の内容としては、今年1月にソフトバンクと台湾の遠傳電信(ファーイーストン)は「ソフトバンクユーザーが台湾で遠傳電信ネットワークを使い決済」一方「遠傳電信ユーザは日本でソフトバンクネットワークを使い決済」するというも

・この実験では、通話料と合わせて利用料を徴収する「キャリアビリング」が使用され、これによって通信事業者のネットワーク上で決済を済ませることで、ユーザーは自国通貨で決済できることが実証された

スタンフォード大学の研究者とVisaがイーサリアム上での機密保持システムの論文を発表

・スタンフォード大学の研究者とVisaが「Zether」と呼ばれるスマートコントラクトでの機密性を担保するためのシステムの論文発表

・この論文では取引の残額を暗号化や暗号化を使った送金や出金ができるスマートコントラクトが提案されている ・また機密性を担保することに加えて、この「Zether」では手数料を大幅に削減できるようになる

リヒテンシュタイン公国の銀行「Bank Frick」が機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームを開始

・リヒテンシュタイン公国の銀行「Bank Frick」が機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォーム「DLT Markets」を提供を発表

・「DLT Markets」は、株取引や証券取引を取り扱う金融事業と同等のセキュリティと新しい暗号資産の恩恵の双方を両立したものと同行は説明している

・「Bank Frick」今までも暗号資産の管理および取引サービスを提供してきた銀行

「ONTology Development Platform」がグーグルクラウドでリリースされる

・オントロジー(Ontology)が2月23日に「Ontology Development Platform」がGoogle Cloud Platform Marketplaceでリリースしたと発表

・Ontologyは「NEO」を開発したOnchain社のプロジェクト ・主要なクラウドプロバイダーのGoogle Cloud、Amazon Web Services、およびMicrosoft Azure上に開発プラットフォームを持つ最初のパブリックブロックチェーンの1つとなったと公式ブログでコメントしている

・このプラットフォームを活用し、Ontologyのパブリック・ブロックチェーン上でスマートコントラクトの開発が可能になる

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

仮想通貨規制を盛り込んだ改正法案が衆院本会議可決、イーサリアムファンデーション方針発表、クオンがNFT化したキャラクターライセンスを販売開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仮想通貨(暗号資産)への規制を盛り込んだ資金決済法と金融商品取引法が21日に衆院本会議可決、Ethereum Foundationが今後12ヶ月の方針をブログで発表 ・株式会社クオンがNFT化したキャラクターライセンスを販売開始、GO!WALLETが1.5万DLを突破し、新たに中国、韓国、ロシア向けにサービス提供を開始

ホンダとGMがEV次世代送電網研究にブロックチェーン、Ethereum上の証券取引所「SprinkleXchange」が6月ローンチ、GBECが福岡でイベントなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Ethereumネットワーク上で機能する証券取引所「SprinkleXchange」が6月にローンチ、ホンダとGMがEVをつかった次世代送電網の共同研究にブロックチェーンを活用、Coinbaseが提供する「学んで稼げるサービス」Coinbase Earnが100ヶ国以上に展開していることが明らかに、FLOCが大阪校で初のブロックチェーン無料講座を開催、PoLが仮想通貨の税金ついて学習できる新カリキュラムを公開、GBECが福岡で「金融 × ブロックチェーンテクノロジー」のイベントを開催

フェイスブックがスイスにブロックチェーン関連子会社設立、アマゾンがPoW暗号システムの特許取得などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックがスイスにブロックチェーン関連と思われる子会社リブラネットワークス設立、アマゾンがビットコインのようにProof of Workで機能する暗号システムの特許を取得、ツバイスペースがアジアへ進出と不動産チェーンの記録検索サイトを構築

ConsensysがLVMHとMicrosoftと共にコンソーシアムチェーン開発、ガイアックス「Cheer for」試作版開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ConsensysがLVMHとMicrosoftと共に、コンソーシアムチェーン「Aura」を開発、OperaがTRONのTRXとTRC標準トークンのサポートを発表、ガイアックスが応援メッセージを送るだけで、個人や団体に応援ポイントを送ることができるサービスの試作版を開発、FLOCが5月17日より現役エンジニア向けのブロックチェーン入門講座を開始、フレセッツの技術顧問に今井崇也氏が就任

ビットコインキャッシュのハードフォークで異常検知、Coinbaseカストディ事業約10億ドル規模に、BlockBaseらがNFTを活用した楽曲配信実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットコインキャッシュのハードフォークで異常検知、Coinbaseのカストディ事業が立ち上がって1年で、約10億ドル規模になったことが明らかに、リキッドグループとバーチャルカレンシーパートナーズ、合弁会社を設立し米国市場進出へ、大手資産運用会社Fidelityが9つのブロックチェーン関連の職業を募集していることが明らかに、BlockBaseとMaltine RecordsがNFTを活用した楽曲配信の実証実験を開始

HTCとKyberNetworkが提携しスマホ「エクソダス」で60種類以上の仮想通貨が交換可能に、「My Crypto Heros」がNYで屋外デジタル広告などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heros」がNYでデジタル広告を配信、FacebookにCoinbaseを退職した重役2名が参画したことが明らかに、HTCとKyberNetwork(カイバー・ネットワーク)が提携スマホ「エクソダス」で60種類以上の仮想通貨が交換可能に、サムスンがスマートフォンのギャラクシーシリーズ全機種にウォレット機能の追加搭載を計画

マイクロソフトがビットコインのブロックチェーン上でデジタルID管理ができるシステム開発へ、Flexaのウォレット「SPEDN」を米大手企業15社が受け入れなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マイクロソフトがビットコインのブロックチェーン上で個人がデジタルIDを管理できる分散型システムを開発へ、Flexaが仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」の提供を限定的に開始したことを発表、米大手企業15社が受け入れ、Bakktが7月にもビットコイン先物取引のテストを開始予定、グロービス経営大学院が日本初の「ブロックチェーン技術による修了証明書」発行へ

Devcon5開催地が大阪に、BTC価格が5月12日に80万円台に、HTCがビットコインのフルノードとなるスマホ発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットコインの価格が5月12日に80万円台に、2019年10月に世界最大のEthereum開発者カンファレンス「Devcon」の開催地が大阪に決定、HTCがビットコインのフルノード機能を搭載したスマートフォンを発表、バイナンスが火曜日に入出金再開を発表

Blockstream「Liquid Network」に日本のDMM Bitcoin、エイベックスがブロックチェーン技術を活用する新会社を設立などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Blockstreamの取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」に日本のDMM Bitcoin、Huobi、TaoTaoなど14のメンバーが新加入、ベラルーシのトークン化証券取引所が国債の提供を開始、藤巻議員から日本銀行黒田総裁への質問内容と総裁の仮想通貨(暗号資産)に関する見解、エイベックスがブロックチェーン技術を活用する新会社を設立