国内初、DMM Bitcoinがチリーズ(CHZ)取扱いへ、アバランチ(AVAX)も予定

DMM Bitcoinがチリーズ(CHZ)とアバランチ(AVAX)取扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinが、暗号資産チリーズ(CHZ)とアバランチ(AVAX)の取扱い予定を8月26日発表した。

なおCHZが予定通り取り扱いとなれば、国内において初の上場事例となる。またAVAXについては、オーケーコインジャパンに続き国内2例目となる。

DMM Bitcoinによると両銘柄の取扱い開始日時等の詳細については、決定次第別途アナウンスされるとのことだ。

現在DMM Bitcoinは現物取引で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、エンジンコイン(ENJ)、トロン(TRX)、ジパングコイン(ZPG)の13銘柄を取り扱っている。

またレバレッジ取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ネム(XEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、クアンタム(QTUM)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、シンボル(XYM)、トロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、アイオーエスティー(IOST)、ジパングコイン(ZPG)の20銘柄が取り扱われている。

CHZは、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」で発行されている各スポーツチームのファントークンを購入するための暗号資産である。

 「Socios.com」ではブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができる。それによりスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

なお2022年8月現在、チリーズは約150のスポーツチームと連携してファントークンを提供している。提携チームにはFCバルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、ASローマ、ガラタサライ、アトレティコ・マドリードなどの有名クラブが名を連ねている。

アバランチでは異なるデータ構造を採用する3つのブロックチェーンを持つマルチチェーンフレームワークを採用することで、重要機能の役割を分担している。オーケーコインジャパンではCチェーン(Avalanche C-Chain)およびXチェーン(Avalanche X-Chain)のAVAXに対応しており、残りのPチェーン(Avalanche P-Chain)対応は現状で予定されていない。

関連ニュース

【取材】DMM Bitcoin、金連動のジパングコイン(ZPG)取扱開始へ

DMMがweb3新会社設立へ、独自トークン経済圏の構築目指す

【取材】国内初、アバランチ(AVAX)がオーケーコインジャパンに上場へ

米レモネードがDAO設立、気候保険をアフリカ農家へ。アバランチ活用で

チリーズ(CHZ)のソシオスドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

参考:DMM Bitcoin
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored