国内初、韓国カカオのクレイトン(KLAY)がビットポイントで上場

KLAYがビットポイントで国内初上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所BITPOINT(ビットポイント)が新たに暗号資産「クレイトン:Klaytn(KLAY:クレイ)」の上場を8月4日発表した。

なお「KLAY」の取り扱いは国内取引所において初となる。またBITPOINTが直近で取扱を開始した銘柄としては5月のアイオーエスティー(IOST)がある。

発表によると「KLAY」はBITPOINTの「暗号資産交換所」サービスで取引が開始となっている。またレンディングサービス「貸して増やす」でもサポートされる予定だ。ただし「KLAY」の入出金サービスについては現状未定とのこと。

BITPOINTでは「KLAY」上場により、全14銘柄を取り扱う事となった。現在の取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、トロン(TRX)、エイダ(ADA)、ジャスミー(JMY)、ポルカドット(DOT)、チェーンリンク(LINK)、ディープコイン(DEP)、アイオーエスティー(IOST)、そして「KLAY」となる。

KLAYは、韓国のメッセージングアプリ「カカオトーク」やマンガアプリ「ピッコマ」を運営するカカオが2019年6月にローンチした独自パブリックブロックチェーン「Klaytn」で発行される暗号資産だ。クレイトンの評議会メンバーにはLG Electronics、UnionBank、SKTelecomや大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス、日本からはgumi、coconeが参加している。

海外ではバイナンス(Binance)やコインワン(Coinone)、ゲート(Gate.io)、クーコイン(Kucoin)をはじめとした多くの取引所で取り扱われている。なお現在の「KLAY」の時価総額は1168億円となっている(8/4コインマーケットキャップ調べ)

あたらしい経済編集部はビットポイントジャパン代表取締役の小田玄紀氏に今回KLAYを上場選定した理由について質問し、以下の回答を得た。

「KLAY(クレイ)がKakao社によって開発された暗号資産であり、幅広いユーザーに対してユースケースを備えている点を注目させて頂きました。また、KLAYはKlaytn(クレイトン)という独自ブロックチェーンで発行されていますが、このKlaytnブロックチェーン上でNFT発行が可能であったり、メタバース分野にも注力していることから、KLAYの展開可能性が日本でも検討出来ると考えています」

関連ニュース

ビットポイントで「IOST」上場、国内3例目

SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も

【取材】新庄剛志監督、ビットポイントのブランドアンバサダーに就任。契約金の一部はジャスミーコイン(JASMY)

カカオのクレイトン、OpenSeaと提携

韓国カカオトークのクレイトン、NFT発行サービス開始

参考:ビットポイントジャパン
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている