米コインベース、SuperRare(RARE)とTE-Food (TONE)上場へ

米コインベースでRAREとTONE上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、新たに暗号資産スーパーレア:SuperRare(RARE)およびティーイーフード:TE-Food (TONE)が上場することが8月2日発表された。

両銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて8月2日9:00(PT)以降に取引開始される予定だ。

取引ペアについては、RARE-USD、RARE-USDT、TONE-USD、TONE-USDTをサポートするとのこと。なお日本はサービス提供対象外となっている。

なおTONEは、新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

スーパーレア:SuperRare(RARE)とは

スーパーレアはイーサリアム上に構築されているNFTプラットフォーム。RAREはイーサリアムのトークン規格ERC-20で発行されており、同プラットフォームのガバナンストークンとして機能している。

現在RAREは、バイナンス(Binance)やクラーケン(Kraken)、ゲート(Gate.io)、MEXCなどの多くの暗号資産取引所の他、スシスワップ(Sushiswap)やユニスワップV3(Uniswap V3)やなどの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約42億円となっている(8/2 コインマーケットキャップ調べ)。

ティーイーフード:TE-Food (TONE)とは

ティーイーフードはイーサリアム上に構築されている食品トレーサビリティソリューション。ティーイーフードのネットワークはパブリックブロックチェーンとして稼働している。なおTONEはプラットフォーム上のユーティリティトークンとして利用されている。

現在TONEは、クーコイン(Kucoin)とユニスワップV2(Uniswap V2)で取り扱われている。なお時価総額は約25.8億円となっている(8/2 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供

米アークインベスト、100億円相当のコインベース株を売却

米SECがコインベースを調査か、証券として登録すべき暗号資産取扱の有無を

米コインベース元社員らインサイダー容疑で逮捕、上場情報で約2億円

米コインベース、「Nest Protocol (NEST)」上場へ

考:米コインベース
images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している